MANTANWEB(まんたんウェブ)

葵わかな:独自の恋愛観で共演者うならせる 結婚考えるなら「追われるようにした方がいい」

映画
映画「青夏 きみに恋した30日」の女子会舞台あいさつに登場した葵わかなさん

 女優の葵わかなさんが15日、東京都内で映画「青夏 きみに恋した30日」(古澤健監督)の「女子会舞台あいさつ」に共演者らと登場した。観客から恋愛相談を受ける企画が行われ、葵さんは「将来、結婚を考えているなら、追う恋に身を投じていないで、追われるようにした方がいいけど、もしも若くて高校生ぐらいなら、追っても将来に響かないから(追ってもいい)」と、独自の現実的な恋愛観を語り、周囲をうならせていた。

 イベントには共演者の古畑星夏さん、久間田琳加さん、秋田汐梨さん、5人組バンド「Mrs. GREEN APPLE」とともに同作の挿入歌「点描の唄」を歌った井上苑子さんも登場。観客から「追う恋、追われる恋のどっちが幸せ」と聞かれ、登壇者がそれぞれ意見を述べる中、葵さんは「分からない。年(当事者の年齢)もあるじゃないですか」と語っていた。

 さらに「花火大会へ行くデートで男性が浴衣を着て行ってもいいか」という相談に、古畑さんは「絶対着た方がいいよ」と返答したが、葵さんは「私は2人とも普段着でいいんじゃないかと思います」とキッパリ。「浴衣のげたって、足がめっちゃ痛いんだよ。浴衣で花火って行ったことがないんだけど、普段着の方が簡単でいいな」と意見を述べていた。

 映画は、マンガ誌「別冊フレンド」(講談社)で2013~17年に連載された南波あつこさんのマンガが原作。都会育ちのイマドキ女子高生・理緒(葵さん)は、夏休みに大自然のある田舎で過ごすことになり、地元の男子高校生・吟蔵(佐野勇斗さん)と出会い、恋に落ちる。吟蔵も理緒に次第にひかれていくが、お互いが離ればなれになってしまう夏休みの終わりが近づき……という展開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る