MANTANWEB(まんたんウェブ)

のんのんびより:ずっと見ていたくなる魅力とは? 劇場版誕生秘話も

アニメ マンガ
劇場版アニメ「劇場版 のんのんびより ばけーしょん」の一場面(C)2018 あっと・KADOKAWA刊/旭丘分校管理組合劇場

 あっとさんのマンガが原作のアニメ「のんのんびより」の初の劇場版「劇場版 のんのんびより ばけーしょん」(川面真也監督)が、角川シネマ新宿(東京都新宿区)ほかで公開されている。いわゆる“日常系”と呼ばれるアニメ。田舎で暮らす子供たちのほのぼのとした日常を描きつつ、ハイテンションなギャグがあったり、感動的なシーンもあり、独特のテンポ感が「癒やされる」「中毒性がある」というファンの声もある。テレビアニメ第2期と劇場版を手がけたKADOKAWAの山下愼平プロデューサーに、「のんのんびより」の魅力、劇場版に込めた思いなどを聞いた。

 ◇作品世界に没入できるように

 「のんのんびより」は、マンガ誌「月刊コミックアライブ」(KADOKAWA)で連載中のあっとさんの同名マンガが原作。全校生徒わずか5人の旭丘分校を舞台に、小学1年生のれんげたちの日常を描いている。テレビアニメ第1期が2013年10~12月、第2期「のんのんびより りぴーと」が15年7~9月に放送された。れんげの「にゃんぱすー」という独特のあいさつも人気となった。

 劇場版は、テレビアニメ第2期の終了以来、約3年ぶりの新作。待ち望んでいたファンも多いようで、関係者によると「お陰さまで大好評」だという。

 ファンだけでなく、スタッフにも愛され続けているアニメだ。山下プロデューサーは、第2期の制作最中、スタッフから「続きをやりたいです!」という声をたくさん聞いたという。「ずっと楽しく作っていたいアニメ。スタッフからもそんな声を聞きます」と明かす。ずっと見ていたくなる……というファンも多く、中毒性がある。大きな事件が起こるわけではなく、田舎に住む子供たちの日常が描かれているが、いわゆる日常系と呼ばれるほかのアニメとは少し違うように見え、独特のテンポ感がある。

 なぜ中毒性があり、ずっと見ていたくなるのか? 山下プロデューサーは「例えば、第2期の第1話では、あえて背景だけを見せて、音楽と歌が流れるシーンが3分ほど続く。最終話は、1カットが4分ほど続くシーンもあります。世界感を楽しんでもらいたいので、カットをバンバン切り替えるのではなく、カメラを固定しているんです。一方、ギャグシーンはテンポが速い。メリハリが重要で、のんびりとしたところと、ギャグの切り替えの気持ち良さを探っています。あえて強い引きを作ろうとしない。深夜にテレビを見ていたら、気持ち良くなって寝ちゃった……でもいいと思うんです」と説明する。

 田舎の風景が美しく描かれているのも特徴だ。「第1期の時から(背景、美術を手がける)草薙さんの美術を生かした作品にしたかった。川面監督の意図もあり、背景をあまりぼかしていないんです。キャラだけを見てほしいのではなく、この世界全体を見てほしいと。微妙なニュアンスは監督のさじ加減が大きいですね」と話すように、視聴者が「のんのんびより」の世界に没入できるような工夫があるようだ。

 ◇劇場版のオリジナルキャラ誕生秘話

 劇場版の企画が立ち上がったのは、テレビアニメ第2期が終了した15年だった。山下プロデューサーは「川面監督、(シリーズ構成の)吉田(玲子)さん、僕の中で、沖縄編が映像化されていないのが心残りだった。劇場版として一本のエピソードにしやすい。ただ、芯になるものが必要。かなり悩みました」と明かす。

 芯を考える中、さまざまなアイデアが生まれた。「僕は、れんげが沖縄旅行から家に帰ってきて『ただいま』と言った時、家のにおいを感じて、非日常から日常に帰ってきた時の少し寂しくもあり、安心感もある雰囲気を見せたかった。原作では(越谷)夏海と(宮内)ひかげが家に帰りたくないと泣くシーンがあるのですが、川面監督は、その子供特有の感覚を大きなポイントにしたいと考えていました」と話す。

 劇場版には、オリジナルキャラクターとして、れんげたちが宿泊する民宿の看板娘、新里あおいが登場する。夏海と同じ中学1年生で、夏海はあおいと交流する中で少しだけ変化する。夏海とひかげが家に帰りたくないと泣くシーンの感覚を大きなポイントにするのであれば「夏海に影響を与えるキャラクターが必要」と考え、あおいが誕生した。

 あおいは、原作者のあっとさんがデザインを手がけ、沖縄出身の下地紫野さんが声優を務めている。「監督やあっと先生と沖縄へロケハンに行ったのですが、現地の人は、僕らの前では、あまり方言を話さないことが多かった。ただ、ふとした瞬間に方言が出ることがあって、それがすごく魅力的に聞こえたんですね。下地さんは沖縄出身ということもあって、その絶妙なニュアンスを表現してくれました。あおいが魅力的なのは、あっとさんのデザインもそうですが、下地さんの演技によるところも大きいですね。ファンに受け入れられるかが分からないところもありましたが、『いい子だね!』という反響をいただいていて、とてもうれしいです」と話す。

 ◇テレビアニメとの関係性 細部までこだわりを

 劇場版は、あおいとの別れを悲しむ夏海に、れんげが優しさを見せるシーンも印象的だ。「テレビアニメ第2期の第4話で、れんげがカブトエビを育てるエピソードがあります。れんげが、カブトエビが死んでしまって悲しむ中、夏海がれんげに対して優しさを見せる。夏海は普段は適当なところもあるけど、気配りできるところが垣間見られるシーンです。劇場版では、逆の立場でれんげが夏海に優しさを見せる」と、テレビアニメ版のキャラクターの関係性を深掘りした。

 れんげが水車小屋のスケッチを見せるシーンがある。小屋はテレビアニメ第1期の第4話でれんげが同じ小学1年生の石川ほのかと遊んだ思い出の場所だ。ほのかは、夏休みに父の実家に里帰りしていた際にれんげと友達になるが、父親の都合でれんげにあいさつできないまま実家を去る。れんげにとって水車小屋は、初めて同い年の友人と遊んだ大切な場所であることがうかがえる。ちょっとしたシーンにもテレビアニメ版とのつながりがあるなど、細部まで見てみると劇場版をより楽しめるかもしれない。

 テレビアニメ第3期など新展開も気になるところ。山下プロデューサーによると「第2期も劇場版も、皆さまの応援の結果実現しました。今回も応援のほど、よろしくお願いいたします!」とのこと。劇場版への応援があれば、再び「にゃんぱすー」を聞ける日も……と期待したい。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る