MANTANWEB(まんたんウェブ)

棚橋弘至選手:“ゴキブリマスク”編集部来襲! 主演映画は「100年に1本の映画」

映画
編集部に来訪した映画「パパはわるものチャンピオン」のゴキブリマスク(左)

 新日本プロレスの棚橋弘至選手の主演映画「パパはわるものチャンピオン」(藤村享平監督)のプロモーションで、棚橋選手扮(ふん)する悪役覆面レスラー・ゴキブリマスクがまんたんウェブ編集部を“来襲”した。ゴキブリマスクは、悪役とは思えない礼儀正しさで編集部にあいさつするも、社長を前にすると関節技の「ゴキブリツイスト」を仕掛けた。

 社長を“撃退”してしまったゴキブリマスクはマスクを脱ぎ、棚橋選手の姿に。映画で自身が演じた大村孝志について「かつてのエースでけがのためにヒールレスラーをやっているということと、けがで苦しんでいるというのが自分と非常に似ていて、そんなに演技している感覚はなかった」とコメント。

 劇中では膝のけがをおして孝志が大技を繰り出す場面があるが、自身がリングで戦う際もけがをしていても「ハイフライフロー」(棚橋選手の技)を飛ぶことがあるという。「場外とかめちゃくちゃ怖いんですけど、『盛り上がるからいいや!』と思って」と笑顔を見せた。

 棚橋選手は今回の映画を自身の異名である「100年に1人の逸材」となぞらえて「かつてない100年に1本の映画」と表現。「今回座長として及ばない部分があったが、人柄で乗り切りました」と笑顔で話し、「この映画は家族の物語。いろいろな登場人物がいるが、共感できる人が必ずいるはず」とアピールした。

 映画は、作・板橋雅弘さん、絵・吉田尚令さんの絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」(共に岩崎書店)が原作。かつて人気レスラーだった大村孝志(棚橋選手)は、けがや世代交代の影響で今は悪役覆面レスラー“ゴキブリマスク”として懸命に戦っていた。孝志と妻の詩織(木村佳乃さん)は息子の祥太(寺田心君)に大きくなったら父親の仕事を教えてあげると約束していたが、祥太はひょんなことから父親の仕事を知ってしまい……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る