山田裕貴&齋藤飛鳥:恋愛は「追いかけられたいタイプ」 松本穂香は…

映画「あの頃、君を追いかけた」の初日舞台あいさつに登場した山田裕貴さん(左)と齋藤飛鳥さん
1 / 1
映画「あの頃、君を追いかけた」の初日舞台あいさつに登場した山田裕貴さん(左)と齋藤飛鳥さん

 俳優の山田裕貴さんとアイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さんが5日、東京都内で行われた映画「あの頃、君を追いかけた」(長谷川康夫監督)の初日舞台あいさつに共演者らと登場。映画の内容にちなみ、「恋愛は追いかけたいタイプか追いかけられたいタイプか」というトークが繰り広げられ、山田さんと齋藤さんは共に「追いかけられたいタイプ」と話した。

 理由について山田さんは「追いかけるのって疲れちゃうんですよね」と説明し、「学生時代は“追いかけるタイプ”で、いちずに5回ぐらい告白したことがあるんですけど、悪く言うと重いんですよ。(今は)追いかけられたいという思いですね」と明かした。

 一方の齋藤さんは「消去法というか、(追いかけるのも追いかけられるのも)どっちもイヤというか。私は追いかけることができないけど、追いかけられたら申し訳ないかな……」とコメント。山田さんらから「『関わらないで』ってこと?」聞かれると、「そんな冷たい感じじゃないけど、そっとしておいて(という感じ)」と笑顔で答えていた。

 舞台あいさつには松本穂香さん、佐久本宝さん、國島直希さん、中田圭祐さん、遊佐亮介さん、長谷川監督も登場。同じ質問に松本さんは「追いかけられると、冷めちゃうので、一人でキャーキャー言っていたいです。(恋が)実らなくても」と答えていた。

 同作は、2011年に台湾で約200万人を動員した映画のリメーク。仲間とつるんでバカなことばかりをして、気楽な高校生活を送っていた水島浩介(山田さん)は、その態度が教師の怒りを買い、クラス一(いち)の優等生・早瀬真愛(齋藤さん)をお目付け役にされてしまう。真面目でお堅い真愛を疎ましく思う半面、中学時代からの憧れだった真愛に胸がざわつく浩介。教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る