MANTANWEB(まんたんウェブ)

ジャンプ:アプリ開発コンテスト第2期が結果発表 AI利用した企画など入賞

マンガ
「少年ジャンプアプリ開発コンテスト」第2期のビジュアル

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)が23日、新しいアプリおよびウェブサービスの企画を募集するコンテスト「少年ジャンプアプリ開発コンテスト」の第2期の結果を発表した。今回はAI(人工知能)を利用した企画など3企画が入賞し、賞金100万円が贈られる。2019年に第3期の募集を行うことも発表された。

 入賞企画の一つは、マンガの画風、ユーザーの音声、キャラクターの会話の三つを機械学習・深層学習によってデータベース化し、マンガの世界に深く入り込んで楽しめるようにするSNS「ディープジャンパー」(つくるラボ)。自分や友達の合成音声でマンガを読み上げるほか、マンガのキャラクターの性格を反映したAIとのチャットも楽しめる。

 またAIによって環境を認識し、歴代のジャンプ作品の擬音を現実の映像に重ね合わせることのできるAR(拡張現実)アプリ「少年ドドドジャンプ」(ブラックリボン軍)や、「中高生向け『週刊少年ジャンプ』サービス企画」(WHITE Inc.)も受賞した。

 同コンテストは昨年、第1期を開催。少年ジャンプや、そのマンガ・キャラクターに関する新しいアプリやウェブサービスの企画・アイデアを募集した。実際に開発に取り掛かる場合、最大5000万円まで集英社が費用を負担する。

 ◇ジャンプ編集部のコメント

 「マンガは技術でもっと面白くなる!」そういう思いで始めたアプリ開発コンテストですが、今回もたくさんの楽しいアイデアをお寄せいただきました。ありがとうございます! 第1回を踏まえていただいたのか、より挑戦的で具体性がありました。その中で3企画が入賞を果たしました。

 「ディープジャンパー」はマンガをより深く楽しませようというエンタメ性を、「少年ドドドジャンプ」はARと擬音という卓越したアイデアを、中高生向け「週刊少年ジャンプ」サービス企画は若者を巻き込むムーブメントをも見越した企画性を評価しました。

 素晴らしいアイデアをいただいたアプリ開発コンテストですが、第3期もやります! マンガには、まだイノベーションが起こせる部分がたくさん残っていると思います。マンガの作り方、マンガの読み方、マンガ・ファンの楽しませ方……などなど、僕らの想像もつかないアイデアを持つ方々に会えるのを楽しみにしています!!

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る