MANTANWEB(まんたんウェブ)

町田啓太:ブラにまつわる演出に衝撃 せりふなし役の鈴木伸之は…

映画
映画「jam」の舞台あいさつに登場した町田啓太さん

 「劇団EXILE」の町田啓太さんが1日、EXシアター六本木(東京都港区)で行われた「第31回東京国際映画祭」(TIFF)内の特別招待作品に選出された映画「jam(ジャム)」(SABU監督、12月1日公開)の舞台あいさつに、同グループのメンバーとともに登場した。司会の笠井信輔フジテレビアナウンサーから撮影で印象に残っていることを聞かれた町田さんは「たくさんあるんですけど、ブラジャーを取る(拾う)シーンがあって、最初は普通に上げて『落ちましたよ』とやっていたら、SABUさんから『違う。もっといやらしく』とニコニコしながら言われて衝撃的でした」と照れ笑いを浮かべながら振り返った。

 町田さんが演じるタケルは“善(よ)いこと”をし続ければ、瀕死の重傷を負った恋人の意識が戻るのではと信じている役どころ。笠井アナから役の影響を受けて毎日の生活の中でもいいことはしていますかと話を振られると、町田さんは思わず「うふっ」と声にならない声を上げ、メンバーから「新しい声が出た」とツッコまれた。気を取り直して町田さんは「(いいことを)しよう。したいです」と決意するも、「今日はいいことしましたか」と問いかけられると「まだできていないので頑張ります」と反省していた。

 舞台あいさつには、青柳翔さん、鈴木伸之さん、秋山真太郎さん、八木将康さん、小澤雄太さん、小野塚勇人さん、佐藤寛太さん、SABU監督も出席。映画ではせりふがない役を演じた鈴木さんは「劇中で一言もせりふがなかったので、今日はいっぱいしゃべります」と切り出し、「せりふがない分、アクションに集中できた。撮影が寒い冬の時期だったので、池のシーンでは寒いし後ろから刺されたりとつらかった」とちゃめっ気たっぷりに語り観客を笑わせた。

 映画は、EXILE HIROさんプロデュースの完全オリジナル作。場末のアイドル演歌歌手ヒロシ(青柳さん)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えていた。ある日のコンサートを終えると、ファンの昌子(筒井真理子さん)に付きまとわれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、瀕死の重傷を負った大切な彼女の意識回復だけを望むタケル(町田さん)は、“善(よ)いこと貯金”をすれば意識が戻るのではと信じ、毎日必死に生きていた。そして、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木さん)は自分を刑務所送りにしたやくざに復讐(ふくしゅう)するため、やくざ事務所に単身殴り込みをかける……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る