MANTANWEB(まんたんウェブ)

交響詩篇エウレカセブン:新作劇場版は「長く続けるためのリブート」 より共感できるアネモネに

アニメ
アニメ「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」の一場面(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE

 2005~06年に放送されたテレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」の劇場版アニメ第2作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」(京田知己監督)が10日公開される。これまでの「エウレカセブン」と設定ががらりと変わり、東京が舞台。人気キャラクターのアネモネが物語の軸になることが話題になっている。アニメを手がけるボンズの渡辺マコトプロデューサーによると、同シリーズを「長く続くタイトルにするため」に設定を大きく変えたという。渡辺プロデューサーに「ANEMONE」について聞いた。

 ◇親子や人と人の関わりを描きたい

 「交響詩篇エウレカセブン」は、世界を揺るがせたサマー・オブ・ラブで、英雄だった父・アドロックを失ったレントンの前に、LFO(巨大人型ロボットの総称)のニルヴァーシュと反政府組織ゲッコーステイトの少女エウレカが現れ、ゲッコーステイトと塔州連邦軍との戦いに巻き込まれていく……というストーリー。

 新たな劇場版アニメは、京田監督、脚本の佐藤大さん、キャラクターデザインの吉田健一さんといったテレビアニメのスタッフが再集結し、テレビアニメと同様にボンズが製作。3部作で第1作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が17年9月に公開された。

 新作劇場版の企画当初から第2作「ANEMONE」は、アネモネを中心としたストーリーになることが決まっていた。渡辺プロデューサーは「アネモネにより共感していただけるようにしたかった」と考えていたという。「(テレビアニメが放送された)12年前、アネモネはピーキーな(とんがった)キャラクターだったかもしれません。新作は普通の女の子として描かれる。性格が変わっているところもあります。監督の演出によって、キャラクターの感情を前に出して、より感情移入できるようになっています」と話す。

 アネモネは、石井・風花・アネモネという名前で、父・石井賢も新たに登場する。アネモネは早くに母を亡くし、幼い時に父もエウレカセブンと戦うために出征し、帰らぬ人となる。強気な振る舞いで、孤独な自分を守りながら成長する。「監督としては、今は大人がだらしないところもあり、ちゃんとした大人を描きたい、親子や人と人の関わりを描きたかった」という思いがあったという。

 ◇これまでの焼き直しで満足できるのか?

 「ANEMONE」の舞台は東京となり、設定はこれまでの「エウレカセブン」と大きく異なる。アネモネは東京で、人類の敵である7番目のエウレカ(エウレカセブン)と戦うための組織・アシッドの一員として登場する。設定を大きく変えたのは「ファンの方がこれまでの焼き直しで満足できるのか?」と考えたからだ。

 「東京を舞台とするのは監督のアイデア。びっくりしましたが、作品が生まれ変わるのであれば、そこまでやらないといけない。新しい作品を作っている感覚です。『エウレカセブン』を今後も長く続くタイトルにするためのリブート(再起動)なんです。続きを作れるようなものにしたかった。これまでのファンを大事にしつつ、さらにファン層を広げたい」と決断した。

 渡辺プロデューサーは、リブートによって進化した「ANEMONE」について「ぜいたくな作品です。主題歌、挿入歌などは『これがエウレカだよね!』という曲の使い方をしています。古いわけではないのですが、懐かしさもあります」と自信を見せる。劇場版は3部作で、第3作の公開も控えている。次作でも驚きの展開が待っているかもしれない。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る