映画興行成績:「ヴェノム」が初登場首位 「スマホを落としただけなのに」など新作5本がランクイン

映画「ヴェノム」の一場面 (C)&TM 2018 MARVEL
1 / 1
映画「ヴェノム」の一場面 (C)&TM 2018 MARVEL

 5日に発表された3、4日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、ダークヒーロー・ヴェノムの誕生を描くマーベル最新作「ヴェノム」(ルーベン・フライシャー監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約28万9000人を動員し、興行収入は約4億3900万円を記録。2日の公開初日から3日間の累計では、動員で約39万7000人、興行収入で約5億9600万円と好スタートを切った。日本のみならず、世界累計興行収入で5億4160万ドル(約612億円)を突破する大ヒットとなっている。

ウナギノボリ

 続く2位には、女優の北川景子さん主演の映画「スマホを落としただけなのに」(中田秀夫監督)が初登場でランクイン。土日2日間で動員は約16万9000人、興行収入は約2億3400万円を記録。公開初日から3日間の累計では動員22万人、興行収入3億円を突破している。ほかにも、女優の黒木華さんと俳優の野村周平さんがダブル主演した映画「ビブリア古書堂の事件手帖」(三島有紀子監督)が6位、俳優の志尊淳さん主演の映画「走れ!T校バスケット部」(古澤健監督)が9位、人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の最新作「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第六章「回生篇」(羽原信義監督)が10位に登場し、新作5本がトップ10にランクインする結果となった。

 累計興行収入では、今回7位の「億男」(大友啓史監督)が5億円、8位の「日日是好日(にちにちこれこうじつ)」(大森立嗣監督)が8億円に達している。

 1位 ヴェノム
 2位 スマホを落としただけなのに
 3位 映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ
 4位 宇宙の法 -黎明編-
 5位 旅猫リポート
 6位 ビブリア古書堂の事件手帖
 7位 億男
 8位 日日是好日
 9位 走れ!T校バスケット部
 10位 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章「回生篇」

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画