MANTANWEB(まんたんウェブ)

ドロ刑 警視庁捜査三課:第6話 余貴美子にあっさり同情するセクゾ中島健人

マンガ テレビ
連続ドラマ「ドロ刑 警視庁捜査三課」第6話のシーン=日本テレビ提供

 人気グループ「Sexy Zone(セクゾ)」の中島健人さん主演の連続ドラマ「ドロ刑 警視庁捜査三課」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第6話が17日放送される。今回は窃盗犯の鳥飼和子(余貴美子さん)がターゲットだが、新米刑事の斑目(中島さん)は彼女の身の上を聞いてあっさり同情する。和子の本心と狙いは……。

 勾留中の被疑者を現場に連れて行き犯行の経緯を説明させる「引き当たり捜査」を上司の鯨岡(稲森いずみさん)に命じられた斑目は、車の免許の無い美希(石橋杏奈さん)を補佐する運転手兼写真係だと知り、いつものバーで煙鴉(遠藤憲一さん)に愚痴る。窃盗犯と地方に行く今回の「引き当たり捜査」を気楽な旅行と考える斑目に、煙鴉は被疑者の人間を見るチャンスと同時に逃亡の危険もあると忠告する。

 斑目たちが担当するのは、万引きの初犯でスーパーで捕まった後に65件、被害総額1500万円の余罪を自供した専業主婦の和子。鍵のかかってない家を見付けて空き巣に入る手口「無錠の空き」の窃盗犯だった。皇子山(中村倫也さん)と瑤子(江口のりこさん)も捜査に同行し、犯行場所の長野へ。記憶力の良い和子の供述で捜査は順調に進むと思われたが、住人が和子に罵声を浴びせ、斑目たちの周囲を怪しい人影が……。東京の煙鴉は、ある男から皇子山の資料を受け取っていた。

 和子の身の上話を聞いてあっさり同情した斑目は「窃盗症(クレプトマニア)なのでは」と皇子山たちに話す。その頃13係では、細面(野間口徹さん)が和子の意外な経歴に気付き、心配していた。斑目たちに予期せぬ危険も迫っていて……。

 原作はマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で福田秀さんが連載中のマンガ「ドロ刑」。窃盗犯担当の警視庁捜査3課を舞台に、ダメ刑事の斑目が、伝説の大泥棒・煙鴉と禁断のコンビを組んで、さまざまな難事件に挑む。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る