MANTANWEB(まんたんウェブ)

木村拓哉:初の刑事役も「インした次の日にホテルマン」と苦笑 続編「待ちたい」

映画
映画「マスカレード・ホテル」の完成報告会見に登場した木村拓哉さん

 俳優の木村拓哉さんが20日、ロイヤルパークホテル(東京都中央区)で行われた主演映画「マスカレード・ホテル」(鈴木雅之監督、2019年1月18日公開)の完成報告会見に登場。今作でホテルマンとして潜入捜査を行う刑事役に挑戦した木村さんは、初の刑事役のオファーについて「ようやくバトンが回ってきたなと思った」と言いつつ、「撮影が始まったら、クランクインして次の日にはホテルマンになっていた」と苦笑。「(今回は)足を使って情報を得たりする通常では必要な刑事の動きはあまりなかったので、セカンドを待ちたいと思います」と続編への期待を語った。

 会見はロケ地となったホテルで行われ、木村さん、長澤まさみさん、鈴木監督が出席。木村さんは今作で初共演した長澤さんについて、「一切逃げないし、全力だし、『やっぱりこの人はこういう人なんだな』とクリアになってよかった」と印象を明かし、長澤さんのホテルマン姿については「いつも完璧でした」と絶賛。「本番の声がかかると、完全に山岸尚美本人だったので……。共演できてよかったです」と共演を喜んだ。

 映画は、人気作家・東野圭吾さんの小説「マスカレード」シリーズの第1作が原作。東京都内で3件の連続殺人事件が発生し、警視庁捜査1課のエリート刑事・新田浩介(木村さん)は、事件現場に残された不可解な数字の羅列から、次の犯行がホテル「コルテシア東京」で起きるとにらみ、ホテルマンとして潜入捜査を開始。「犯人逮捕が第一優先」の新田と、「お客様の安全が第一優先」のホテルマン山岸尚美(長澤さん)が衝突しながらも殺人犯を捜す……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る