黄昏流星群:第8話 中山美穂&藤井流星の禁断愛に視聴者「コメディーだ!」と突っ込み

テレビ
連続ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」に出演している中山美穂さん

 俳優の佐々木蔵之介さん主演の連続ドラマ「黄昏(たそがれ)流星群~人生折り返し、恋をした~」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第8話が29日に放送された。同話の終盤で、瀧沢完治(佐々木さん)の妻・真璃子(中山美穂さん)が、日野春輝(藤井流星さん)の運転で自宅に送ってもらうシーンが流れると、SNSは「脳内ハッピー感がやばい!」「これはドラマではなく、コメディーだ!」「ドロドロを限りなく爽やかに」と興奮の声が多数上がり、盛り上がった。

 同話では、春輝と結納を終えた娘の瀧沢美咲(石川恋さん)が姿を消し、完治と真璃子が春輝の母、冴(麻生祐未さん)に謝罪をしに行った後、春輝の誘いで真璃子が日野家を訪れるシーンもあり、SNSでは「家に来ちゃうの?」「シリアス風に仕立てられたコメディー」などの声が並んだ。また、完治が思いを寄せる栞(黒木瞳さん)が体に異変を覚え、病院を訪れるシーンもあり、SNSでは「栞さん病気?」「完治と栞はせつない」「栞さんが心配だ」といったコメントが上がった。

 ドラマは、弘兼憲史さんのマンガ(小学館)が原作。第1集「不惑の星」をベースにしたセカンドライフに差し掛かった男女の切ない恋愛を描いている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る