MANTANWEB(まんたんウェブ)

映画興行成績:「ドラゴンボール超 ブロリー」が初登場首位 「妖怪ウォッチ」は4位、「グリンチ」は5位発進

アニメ 映画
アニメ「ドラゴンボール超 ブロリー」のビジュアル(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会

 17日に発表された15、16日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、鳥山明さんのマンガが原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の20作目となる劇場版アニメ「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約63万9000人を動員し、興行収入は約8億1300万円を記録。公開初日の14日から3日間の累計では、動員が82万人、興行収入が10億円を超える好発進となった。

 初登場作品では、アニメやゲームが人気の「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ最新作「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」(高橋滋春監督)が4位にランクイン。土日2日間で動員は約22万3000人、興行収入は約2億5100万円だった。ほかにも、劇場版アニメ「ミニオンズ」などで知られるスタジオ「イルミネーション・エンターテインメント」の最新劇場版アニメ「グリンチ」(ヤーロウ・チェイニー、スコット・モシャー監督)が5位、女優の土屋太鳳さん主演の「春待つ僕ら」(平川雄一朗監督)が7位に初登場した。

 累計では、今回2位の「ボヘミアン・ラプソディ」(ブライアン・シンガー監督)が動員が390万人、興行収入が53億円を突破。3位の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(デビッド・イェーツ監督)は動員が326万人、興行収入が46億円を突破している。

 1位 ドラゴンボール超 ブロリー
 2位 ボヘミアン・ラプソディ
 3位 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
 4位 映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS
 5位 グリンチ
 6位 来る
 7位 春待つ僕ら
 8位 くるみ割り人形と秘密の王国
 9位 機動戦士ガンダムNT
 10位 スマホを落としただけなのに

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る