MANTANWEB(まんたんウェブ)

映画興行成績:木村拓哉主演「マスカレード・ホテル」が初登場首位 「映画刀剣乱舞」は5位発進

映画
映画「マスカレード・ホテル」の一場面 (C)2019映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社

 21日に発表された19、20日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、木村拓哉さん主演の「マスカレード・ホテル」(鈴木雅之監督)が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約48万4000人を動員し、興行収入は約6億3300万円を記録。公開初日の18日から3日間の累計では、動員61万人を突破し、興行収入は8億円に迫る勢いを見せている。

 初登場作品では、人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」の初の実写映画「映画刀剣乱舞」(耶雲哉治監督)が5位にランクイン。リュック・ベッソンさんが製作・脚本を務める人気カー・アクションシリーズの第5弾「TAXi ダイヤモンド・ミッション」(フランク・ガスタンビド監督)が8位スタートを切った。

 累計では、公開11週目で今回2位の「ボヘミアン・ラプソディ」(ブライアン・シンガー監督)が動員720万人、興行収入99億円を突破。4位の劇場版アニメ「シュガー・ラッシュ:オンライン」(リッチ・ムーア監督、フィル・ジョンストン監督)が動員で281万人、興行収入で34億円、6位の「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」(長峯達也監督)が動員で290万人、興行収入で37億円に達している。

 1位 マスカレード・ホテル
 2位 ボヘミアン・ラプソディ
 3位 Fate/stay night[Heaven’s Feel]II .lost butterfly
 4位 シュガー・ラッシュ:オンライン
 5位 映画刀剣乱舞
 6位 ドラゴンボール超 ブロリー
 7位 ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow
 8位 TAXi ダイヤモンド・ミッション
 9位 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
 10位 平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る