MANTANWEB(まんたんウェブ)

永野芽郁:佐藤健の「泣かせにかかってくる」コメントに「うれしい」

テレビ
「2019年 エランドール賞」の授賞式に出席した永野芽郁さん

 女優の永野芽郁さんが、映画やテレビドラマなどで活躍した俳優や作品を表彰する「2019年 エランドール賞」で新人賞を受賞し、7日に東京都内で開かれた授賞式に出席。授賞式後の会見で、2018年に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」で共演した佐藤健さんから、授賞式で「あなたの存在がなければ、『半分、青い。』はありませんでした」と絶賛されたことについて、永野さんは「健さんはいつも泣かせにかかってくるぐらい、いいことを言ってくださるけれど、私自身は健さんがいなかったら撮影は終わらなかったと思う。代表して褒めてくれるのはうれしいし、ありがたいなと思います」と笑顔で語った。

 また、「(昨年は)何を糧に1年頑張ったのか」と聞かれると、永野さんは「(各作品が)終わった後のことを考えて……」と答え、さらに「(各作品が)終わると落ち着くし、ほっとするらしく風邪を引く」と明かして笑いを誘った。また「(作品が終わった直後は)何もしない。ただ寝つくす。(家から)出ない」と明かしていた。

 エランドール賞の新人賞はスター性と演技力を兼ね備え、次代の映画やテレビを背負って立つことが期待される俳優に贈られる賞。今年は永野さんのほか、志尊淳さん、葵わかなさん、田中圭さん、中村倫也さん、松岡茉優さんが受賞して式に出席した。各受賞者のプレゼンターとして佐藤さんや井川遥さん、菅田将暉さんらも駆けつけた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る