おはスタ:テレビアニメ「ジモトがジャパン」「Bラッパーズストリート」が4月から放送 新コーナー「きゃらスタ」で

アニメ マンガ
4月から「おはスタ」の新コーナー「きゃらスタ」でスタートするテレビアニメ「ジモトがジャパン」(左)と「Bラッパーズストリート」のビジュアル (C)林聖二/集英社・都道府拳部 (C)BRSBRSA

 テレビ東京の朝の子供向けバラエティー番組「おはスタ」で4月から新コーナー「きゃらスタ」がスタートし、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「ジモトがジャパン」と、マンガ誌「月刊コロコロコミック」(小学館)のプロジェクトのテレビアニメ「Bラッパーズストリート」の2作品が放送されることが15日、分かった。2作品のキービジュアルも公開された。

 「きゃらスタ」は、月~金曜まで毎日違うキャラクターのアニメやドラマが見られるコーナー。その第1弾として「ジモトがジャパン」と「Bラッパーズストリート」が放送される。

 「ジモトがジャパン」は、「週刊少年ジャンプ」で連載中の林聖二さんのマンガ。47都道府県のご当地ネタがテーマで、全都道府県を愛し、47の秘伝の拳・都道府拳を操る“都道府拳マスター”を自称する日ノ本ジャパン(ひのもと・じゃぱん)の巻き起こすドタバタを描く。テレビアニメは上野勇さんが監督を務め、成瀬正人さん、はしもとこうじさんが脚本を担当。キャラクターデザインは野原早夏さん、上原史之さんが手がける。ODDJOBが制作する。

 「Bラッパーズストリート」は、「ラップ&ヒップホップ」をテーマにしたプロジェクトとして、3月15日発売の「月刊コロコロコミック」4月号でマンガの連載もスタートする。テレビアニメは、「あはれ!名作くん」などの「Pie in the sky」が制作。木村昴さんが、主人公ヨーヘイの声優を務める。18日には「おはスタ」で木村さんの単独インタビューが放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る