MANTANWEB(まんたんウェブ)

メゾン・ド・ポリス:第6話 小日向文世は“伝説の刑事”だった? 娘役に水谷果穂 高畑充希、前代未聞の捜査に…

テレビ
連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の第6話場面写真 (C)TBS

 女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)の第6話が15日放送される。シェアハウス「メゾン・ド・ポリス」にある日、退職警官のおじさまの一人である高平(小日向文世さん)の娘・小梅(水谷果穂さん)がやってくる。小梅は高平のうそにより、自分の父が伝説の刑事だったと勘違いしており、“元部下”のおじさまたちに解決してほしい事件があると切り出す……。

 小梅が解決してほしいと言ってきたのは、恋人の駿(水石亜飛夢さん)の祖母・春江(吉田幸矢さん)が自宅にいたところを何者かに頭部を殴打され金品を奪われた盗難事件。春江が現金を保管していたタンスから指紋が検出されたことで、駿も疑われているという。事件以前に彼氏の存在にショックを受ける高平だが、伊達(近藤正臣さん)のフォローもあって事件捜査を引き受けることに。伊達のとりなしもあり、春江の家族全員をメゾンに招き、そこで謎を解くことになる。

 高平のうそによって元部下にされたことを根に持つ迫田(角野卓造さん)と藤堂(野口五郎さん)が捜査に協力しないと言い出す中、ひよりは夏目(西島秀俊さん)と事件を具体的に調べ始める。こうして、高平がすべてを解決するように見せかける前代未聞の捜査が始まる。

 原作は加藤実秋さんの小説「メゾン・ド・ポリス」シリーズ(角川文庫)。高畑さん扮(ふん)する新米刑事の牧野ひよりが、退職警官だけが暮らすシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありのおじさまたちに振り回されながら事件を解決していく1話完結ドラマだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る