宇宙戦艦ヤマト2202:テレビアニメ第20話 雪が記憶失う ヤマトが不時着

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」のテレビアニメ版の第20話「ガトランティス、呪われし子ら」の一場面(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
1 / 6
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」のテレビアニメ版の第20話「ガトランティス、呪われし子ら」の一場面(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」のテレビアニメ版第20話「ガトランティス、呪われし子ら」が、テレビ東京ほかで15日深夜に放送される。

 総員退艦の際に頭部を負傷した森雪。4年分の記憶と共に古代進への思い、愛すら失って目覚める。ヤマトが不時着したのは、かつてガトランティスを創り出したゼムリア人の故郷だった。そこで、ガトランティスとズォーダーの愛と絶望の歴史が語られる。

 「宇宙戦艦ヤマト2202 」は、2012~14年に劇場上映、テレビ放送された「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編。1978年に公開された「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」がモチーフ。小説「亡国のイージス」「機動戦士ガンダムUC」の福井晴敏さんがシリーズ構成と脚本を手がけ、「蒼穹のファフナー」の羽原信義さんが監督を務める。全7章で、第1章「嚆矢(こうし)篇」は17年2月に公開された。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る