MANTANWEB(まんたんウェブ)

銀魂:また完結ならず “最終回の向こう側(続き)”がアプリで無料配信

アニメ マンガ
マンガ「銀魂」が完結する予定だった「ジャンプ GIGA」2019 WINTER vol.3(C)少年ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.3/集英社 (C)空知英秋/集英社

 空知英秋さんの人気マンガ「銀魂」が完結せず、連載が続くことが22日、明らかになった。「銀魂」は、昨年9月15日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)42号で最終回を迎え、約15年の連載に幕を下ろす予定だったが、完結しなかったことも話題になっていた。“最終回の向こう側”が、昨年12月28日に発売された「週刊少年ジャンプ」増刊「ジャンプ GIGA」(同)2019WINTER vol.1で連載が始まり、22日に発売された同誌2019 WINTER vol.3で完結する予定だったが、またしても完結できなかった。“最終回の向こう側(続き)”が今後、同作のスマートフォン用アプリ「銀魂公式アプリ」で無料配信されることになった。

 「ジャンプ GIGA」2019 WINTER vol.3によると、担当編集が空知さんと話し合った結果「物語の終結をきっちり描いていただくことを最優先するため、アプリ配信という形をとらせていただくことになりました」と継続を決めたという。同号には「銀魂」の元アシスタントの伊達恒大さん、井谷賢太郎さんによる暴露マンガなども掲載された。

 「銀魂」は、昨年8月20日に発売された「週刊少年ジャンプ」38号で「最終回まで残り5話!! ラストスパート、お付き合いください!!」と発表されていたが、42号で主人公の坂田銀時が「オレたちの戦いはジャンプGIGAからだァァ!!」「やっぱり終われなかったァァァ!!」と叫ぶシーンで終わった。空知さんは「5回で話をまとめるのはゴリラ(空知さん)には無理でした」とメッセージを発表していた。

 「銀魂」は、天人(あまんと)と呼ばれる異星人に占領された江戸時代を舞台に、何でも屋を営む侍・坂田銀時らが難題を解決する姿を描いたSF時代劇コメディー。「週刊少年ジャンプ」で2003年12月に連載がスタートした。コミックスの累計発行部数は5500万部以上。テレビアニメ化されたほか、小栗旬さん主演の実写映画もヒットした。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る