MANTANWEB(まんたんウェブ)

後妻業:第8話 最終章突入 木村佳乃が敗北? 高橋克典&木村多江の関係は…

テレビ
連続ドラマ「後妻業」の第8話のシーンカット=カンテレ提供

 女優の木村佳乃さん主演の連続ドラマ「後妻業」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第8話が12日に放送される。同話の予告映像では「最終章 突入」とうたっており、「乱れる恋愛関係」「それぞれの嫉妬」といった文字も。また、「小夜子の敗北」というテロップと共に、小夜子(木村佳乃さん)が舟山(中条きよしさん)から「詐欺師やろ」と詰め寄られるシーンや、顔を腫らした小夜子が後妻業の黒幕・柏木(高橋克典さん)とキスをする場面などが収められている。

 第8話で、大阪に戻った柏木は、舟山と男女の関係になったことをにおわす小夜子の言葉に動揺してしまう。さらに、小夜子が今まで誰一人として入れなかった自分の部屋に舟山を招き、手料理を振る舞うと知り、入れ込みすぎだと警告。しかし、反対に、恋に酔った小夜子から「嫉妬ちゃうか?」と痛いところを突かれる。いら立つ柏木は、小夜子の目を覚まそうと躍起になり、舟山の化けの皮を剥(は)がそうと、舟山の資産届を調べると“ある重大な事実”が分かる。

 柏木は、小夜子を呼び出し舟山の“重大な事実”を告げるが、小夜子は信じようとしない。話し合いは平行線となり、柏木のオフィスを出ようとした小夜子は、デスクに置いてある中瀬朋美(木村多江さん)のイヤリングを見つける。柏木と朋美の間に何かあったことを瞬時に察知した小夜子は、胸がざわつく。数日後、朋美の部屋に突然、小夜子が訪ねてくる。上京した理由が分からず困惑する朋美に、小夜子は「柏木と寝たん?」と切り出し……というストーリー。

 「後妻業」は、黒川博行さんの小説(文藝春秋)が原作で、遺産相続目当てで資産家の高齢男性を狙う結婚詐欺、後妻業が題材。男をたぶらかす天才・小夜子が“女の色香”で男たちから財産を巻き上げる姿を描く痛快サスペンス&大人の恋愛ドラマ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る