MANTANWEB(まんたんウェブ)

爆笑問題・田中裕二:「プリキュア」出演で太田が嫉妬 声は自然に

アニメ 芸能
アニメ「映画 プリキュアミラクルユニバース」に声優として出演するお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さん

 人気アニメ「プリキュア」シリーズの新作劇場版「映画 プリキュアミラクルユニバース」(貝澤幸男監督)が16日公開される。劇場版オリジナルキャラクターで、惑星ミラクルの大統領の声優を務めるのがお笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さんだ。「プリキュア」への出演が決まり、相方の太田光さんは激しく嫉妬したという。

 ◇「プリキュア」の世界に入るのが想像できず…

 劇場版は、放送中のシリーズ第16弾「スター☆トゥインクルプリキュア」と1月に終えた第15弾「HUGっと!プリキュア」、2017~18年放送の第14弾「キラキラ☆プリキュアアラモード」のプリキュアが集結。シリーズ劇場版で来場者にプレゼントされるミラクルライトにスポットを当てた物語で、プリキュアたちが、ミラクルライト作りの見習い職人・ピトンを追ってライトの秘密を探す宇宙の旅に出発する。

 田中さんは「プリキュア」のイメージを「存在は知っていました。すごく可愛くて、オシャレで女の子が好きそうなイメージ。過去の劇場版を見て、変身シーンがたくさんあるんだ……とびっくりしました」と話す。自分とは「真逆な世界」と思っていたこともあり、出演が決まり「どうしよう!?」となったという。

 「自分がこの世界に入るのが想像できない。ふくろうの大統領と言われ、さらに分からなくなって、不安だらけでした。ただ、家族で見に行けらいいなとうれしかった。子供は、小さい頃から親がテレビに出ているのを見ているので、テレビに出ていても驚かない。子供向けの作品に登場するのはうれしいですね」

 相方の太田さんは声優の仕事が大好きだという。それだけに、田中さんが「プリキュア」に出演することになり、嫉妬した。「僕のピンの仕事に対して難癖つけてきます。太田は、特に声優をもっとやりたいと思っているので、『選ぶ人のセンスがない』って言われました。もう慣れたもんですよ。『うるせえよ!』って言っています」と苦笑する。

 ◇いつかは野球アニメの声優に

 田中さんが演じるのは、ふくろうの大統領だ。声を作るのではなく自然に演じた。

 「分からなさすぎて、諦めて、監督に聞くしかなかった。可愛さを意識した方がいいのかな?とも思ったけど『自然体で……』ということでした。下手に素人が可愛くしようとすると事故になりますしね。声を作るようなことはなかったのですが、おじいちゃんのような『じゃ!』という語尾も付いていて、自然とおじいちゃんっぽくなりましたね。長いせりふがあまりなかったので、そんなに時間はかからなかったんですよ。難しかったのが『ホウ』という声に怒りを込めたり、疑問にしたりするところ。『ホウ』の微妙な違いに注目してください」。

 田中さんが声優に挑戦するのは初めてではない。ただ、苦手意識があるという。

 「何度かやらせていただきますが、声優はすごく高度な仕事だと思っています。同時にやらないといけないことがいっぱいある。楽しめるほどの余裕はないのですが、たまに絵とタイミングが合った時は気持ちいいですね」

 今後、声優として挑戦してみたい役について聞いてみると、苦手意識が強いこともあって「うーん」と悩みだす。

 「お話をいただけることはうれしいんですけど、不安が勝ってしまう。ただ、野球が好きだからね。『ドカベン』みたいな野球アニメはやってみたい。年齢的には監督の役とかね。原(辰徳)監督のようなイメージの」

 「昔に比べると野球アニメは減っているよね。『侍ジャイアンツ』『巨人の星』も見ていたなあ……」と野球の話が尽きない田中さん。いつか野球アニメで声優として活躍する日がくるかもしれない。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る