神谷浩史:「ゲゲゲの鬼太郎」で“相思相愛”の野沢雅子と共演 「美容室も一緒」

「AnimeJapan 2019」の「『ゲゲゲの鬼太郎』スペシャルステージ」に登場した(左から)藤井ゆきよさん、野沢雅子さん、神谷浩史さん
1 / 4
「AnimeJapan 2019」の「『ゲゲゲの鬼太郎』スペシャルステージ」に登場した(左から)藤井ゆきよさん、野沢雅子さん、神谷浩史さん

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期(フジテレビほか)のイベントが23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の「AnimeJapan(アニメジャパン) 2019」で行われ、声優の神谷浩史さんが登場した。4月にスタートする新章「地獄の四将(よんしょう)編」で妖怪に対して強い憎しみを持つ人間の高校生・石動零(いするぎ・れい)という新キャラクターを演じる神谷さんは、アフレコについて「楽しいですよ。妖怪のようなベテランの方が弱音を吐いているのが面白い」と明かした。

 目玉おやじ役の野沢雅子さんは、神谷さんについて「私たちは親子のような関係ですから。大好きです。美容室も一緒です」と告白。神谷さんは「僕もマコさん(野沢さん)のことが大好き」と相思相愛ぶりをアピールした。イベントには鬼太郎役の沢城みゆきさん、ねこ娘役の庄司宇芽香さん、犬山まな役の藤井ゆきよさんも登場した。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちと、さまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。4月7日から放送2年目に突入し、新章「地獄の四将編」がスタートする。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る