塚地武雅:大杉漣さんの“後任”で「緊急取調室」の新メンバーに 天海祐希がいきなりアドリブ

テレビ
ドラマ「緊急取調室」の会見に登場したお笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さん

 お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さんが4日、東京都内で行われた、11日からスタートするドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の会見に、主演女優の天海祐希さんらとともに出席。天海さんらが在籍する「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に異動してきた刑事・玉垣松夫役として、加入する塚地さんは、「人気の作品ですし、キャストの皆さんの個性の際立ち具合は、ドラマを見ていても伝わってきていました。なんの特徴もない僕が通用するのかというところもありますが、少しでもエッセンスというか、スパイスになるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 塚地さん演じる玉垣は、故・大杉漣さんが前シーズンまで演じていたキントリの刑事・中田善次郎と警視庁・将棋部で親しくしており、中田の退職を機に、キントリに異動してきた…という役どころ。塚地さんは、「新メンバーとして入る設定が(自分と)まるまる同じ。俺でしかないです、なんのお芝居もしていないです」と話した。

 撮影現場に入る前は、「緊張したし、苦戦する現場になるだろうな、堅物たちの集まりなんじゃないだろうかという不安もあった」と明かした塚地さんだったが、「初日から皆さんざっくばらんで、ずっとしゃべっていて。あっという間になじませていただいた」と笑顔。でんでんさんからも、「1日目だけ新入りの顔。2日目から古株の顔」といじられるなど、早くもなじんでいる様子だった。

 また、「一発目にとったシーンのところで、皆さんとの距離感どれくらいなんだろうと思っていたら、いきなりアドリブで天海さんに羽交い締めされるみたいな……」と驚きを告白。「こういうことなんだ、(天海さん演じる)有希子はこういう立ち位置なんだと伝わってきたんで、すごくやりやすくなりました」と話していた。会見には、田中哲司さん、速水もこみちさん、鈴木浩介さん、大倉孝二さん、でんでんさん、小日向文世さんも出席した。

 「緊急取調室」は、可視化設備の整った特別取調室で容疑者を取り調べる警視庁捜査1課の専門チーム「緊急事案対応取調班」のメンバーたちが、数々の凶悪犯と心理戦を繰り広げる姿を描く。井上由美子さんによるオリジナル脚本で、第1シーズンは2014年1月期、第2シーズンは17年4月期に放送され、15年9月にスペシャルドラマも放送された。第3シーズンでは被疑者にもかかわらず、さまざまな立場の“油断ならぬ女たち”がキントリチームを翻弄(ほんろう)する中、決死の覚悟で事件の裏にある真実を暴いていく。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る