モンキー・パンチさん死去:「浜中町の時のようにまた話したい…」 “五ェ門”浪川大輔が哀悼

アニメ
浪川大輔さん

 11日、肺炎のため死去した「ルパン三世」の生みの親でマンガ家のモンキー・パンチ(本名・加藤一彦)さん(享年81)に対し、アニメで石川五ェ門役の声優を務めている浪川大輔さんが「新しいものが大好きで貪欲で、近くにいるだけでとてもステキな空気が流れて癒やされて、周りを自然と笑顔にしてしまう先生。(モンキー・パンチさんの故郷)浜中町の(イベントの)時のようにまた話したいです」と追悼と感謝のコメントを寄せた。

 浪川さんは、2011年に放送されたテレビスペシャル「血の刻印~永遠のmermaid~」から五ェ門役を担当。以来約9年にわたって五ェ門役を務めている。

 ◇浪川大輔さんのコメント

 プレッシャーに押しつぶされそうな時、

 「よかったですよ」

 これでいいのかと不安と戦っている時、

 「素晴らしかったですよ」

 イベントでこれはふざけすぎたかとドキドキしてる時、

 「面白くてずっと見ていたいですねー」

 ひとことで全てを解決してくれる先生

 新しいものが大好きで貪欲で、近くにいるだけでとてもステキな空気が流れて癒やされて、周りを自然と笑顔にしてしまう先生。

 浜中町の時のようにまた話したいです。

 今は、先生の作り出した世界が最高に色づくようにできることを精いっぱいやり続けます。

 本当にありがとうございました。

 心よりご冥福をお祈りします。

 浪川大輔

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る