MANTANWEB(まんたんウェブ)

中村倫也:「アラジン」主題歌生歌唱で緊張 「尋常じゃないくらい汗を…」

芸能
映画「アラジン」のイベント「ホール・ニュー・ワールドお披露目イベント」で「ホール・ニュー・ワールド」を歌う木下晴香さん(左)と中村倫也さん

 ディズニーの人気長編アニメーションを実写化した映画「アラジン」(ガイ・リッチー監督、6月7日公開)のイベント「ホール・ニュー・ワールドお披露目イベント」が22日、東京都内で行われ、プレミアム日本語吹き替え版で主人公・アラジンの声を担当する俳優の中村倫也さんと、ジャスミンの声を担当するミュージカル女優の木下晴香さんが登場した。2人は“魔法のじゅうたん”の上で同作の主題歌でもある名曲「ホール・ニュー・ワールド」を歌い、歌い終えた中村さんは「尋常じゃないくらい喉が渇いてますし、尋常じゃないくらい汗をかいてます。緊張しました。(ステージに)出て行くだけで帰りたくなりました」と心境を語った。

 同作の吹き替えを担当することが決まった時の心境について、中村さんは「一言で言うなら『ぶったまげ』ですね。そもそもディズニーさんと仕事をすると思っていなくて、楽しむものだと思っていた。まさか選んでいただけるとも思っていなかった」とコメント。続けて「薬局でのどあめを買った時に、レジのおばさんに『歌わなきゃですもんね』って(言われた)」と反響の大きさを明かした。

 また、作品のテーマにちなみ「今かなえたい願いは」と聞かれた中村さんは「魔法のじゅうたんがほしい。でも空は寒いかな。あまり飛びすぎると管制塔とかに迷惑かけちゃうし、かといって低いと危ないし……」と半ば本気のような様子で話し、笑わせた。

 「アラジン」は、人生を変えるチャンスを待つ青年アラジンと、新しい世界に飛び出したい王女ジャスミンの身分違いのロマンスと、三つの願いをかなえる魔法のランプを巡る冒険を描いた物語。アニメーション映画が1993年に日本で公開された。実写映画では、アラジンをメナ・マスードさん、ジャスミンをナオミ・スコットさん、ランプの魔人・ジーニーをウィル・スミスさんが演じている。日本語吹き替え版のジーニーの声は、声優の山寺宏一さんが担当する。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る