MANTANWEB(まんたんウェブ)

EXILE TAKAHIRO:“母”松坂慶子は「後光が差すぐらい神秘的」 ステージ登壇時にエスコートも

映画
映画「僕に、会いたかった」の公開記念舞台あいさつに登場したTAKAHIROさん(左)と松坂慶子さん

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」のボーカルのTAKAHIROさんが11日、東京都内で行われた映画「僕に、会いたかった」(錦織良成監督)の公開記念舞台あいさつに、共演の松坂慶子さんらと登場。同作で、TAKAHIROさんと松坂さんは親子を演じており、TAKAHIROさんは松坂さんについて「演技をしているときは大御所のオーラがすごかった。後光が差しているぐらい神秘的でした」と振り返った。

 舞台あいさつには、TAKAHIROさん、松坂さんのほか、山口まゆさん、柴田杏花さん、秋山真太郎さん、錦織監督も出席。出演者らがステージに登壇するときと降壇するときに、TAKAHIROさんは、松坂さんの手を取ってエスコート。「ジェントルなんで!」と話し、大きな拍手を浴びていた。

 錦織監督が「TAKAHIROさんは本当にピュアで、本番で泣くのにリハーサルから泣いていた」と語ると、TAKAHIROさんは「松坂さんが持っているパワーというか、触れられるだけで涙腺が緩んでしまう。目の玉が取れるかと思うぐらい(泣きました)」と振り返った。松坂さんは撮影でのTAKAHIROさんについて「一人で気持ちを作っていたり、真面目にストイックにやられていました」と語った。

 イベントでは、12日の「母の日」にちなみ、TAKAHIROさんが松坂さんにカーネーションの花束をサプライズでプレゼントする一幕も。TAKAHIROさんが「これからもお母さんと呼ばせてください」と言いながら花束を渡すと、松坂さんは「喜んで」と笑顔で受け取っていた。

 映画は10日から公開。島で1、2を争うすご腕の漁師の主人公・池田徹(TAKAHIROさん)が、とある事故をきっかけに記憶を失い、島の人々の優しさに触れるうちに、新しい自分を見つける姿を描いた家族の絆と再生の物語。EXILE HIROさんがエグゼクティブプロデューサーを務めている。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る