MANTANWEB(まんたんウェブ)

ふたりの太星:異色の将棋マンガが連載開始 天才将棋少年には秘密が…

マンガ
福田健太郎さんの新連載「ふたりの太星」がスタートした「週刊少年ジャンプ」25号 (C)週刊少年ジャンプ2019年25号/集英社 (C)福田健太郎/集英社

 福田健太郎さんの新連載「ふたりの太星(たいせい)」が、20日発売のマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)25号でスタートした。

 福田さんは、2014年の同誌36号に掲載された読み切り版「デビリーマン」で本誌デビュー。同作は第9回ジャンプ金未来杯グランプリを受賞し、15年の同誌26号から本誌連載開始。16年の増刊「ジャンプGIGA」で短期連載された「シニギワ」も人気となった。

 「ふたりの太星」は、福田さんの連載3作目となる異色の将棋マンガ。公式戦無敗、最年少プロ最有力といわれる天才将棋少年・天童太星には、とある秘密があり……という展開。女流棋士の里見咲紀さんが監修を務める。

 同誌では、前号の24号から新連載4作が連続でスタート。13日発売の24号で人気マンガ「NARUTO-ナルト-」の岸本斉史さんが原作を手がける新作「サムライ8(エイト) 八丸伝(はちまるでん)」の連載がスタート。27日発売の26号では、寺坂研人さんの「ビーストチルドレン」、6月3日発売の27号では、原作・田中勇輝さん、作画・松浦健人さんの「トーキョー忍スクワッド」の連載がスタートする。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る