スカム:第4話 杉野遥亮が詐欺グループの店長代理に出世 相棒・前野朋哉とノルマ達成できる?

テレビ
連続ドラマ「スカム」の第4話場面写真 (C)「スカム」製作委員会・MBS

 俳優の杉野遥亮さん主演の連続ドラマ「スカム」(TBS・MBSほか)の第4話が7月21日深夜から順次放送される。失業して、振り込め詐欺の新人研修に参加し、本格的に振り込め詐欺の仕事を始めた草野誠実(杉野さん)は、急きょ店長代理を務めることになる。

 詐欺グループの番頭・神部(大谷亮平さん)が、詐欺の金主たちに店舗を増やすよう強制されたことで人手不足となったため、店長代理に出世。戸惑う誠実に子持ちのダメ男・清宮(前野朋哉さん)が急接近し、半ば強引に相棒となる。

 母・幸子(西田尚美さん)からは疑われ、父の病状は悪化し、山田(山中崇さん)からは脅され、とプレッシャーが重なるなか、誠実は、自らの経験を基に詐欺のスクリプト=台本を書き、清宮らとノルマ達成を目指す。そんなある日、詐欺の売り上げを狙った強盗が発生し、誠実は車で拉致されてしまう……という展開。

 ルポライター鈴木大介さんが振り込め詐欺をする若者たちの実態を取材した「老人喰い」(ちくま新書)が原案。若者の貧困率が高齢者のそれを大きく上回るなど「世代間格差」という言葉が取り沙汰された2008年の東京近郊が舞台。社会的要因から振り込め詐欺に手を染めざるを得なかった若者たちを描く。

 MBSで毎週日曜深夜0時50分(第4話は深夜2時)、TBSで毎週火曜深夜1時28分(第4話は深夜1時38分)に放送。全9話。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る