MANTANWEB(まんたんウェブ)

仮面ライダージオウ:“ジオウ”奥野壮、近づく最終回に感極まる 「一緒に来られて良かった」とキャスト陣に感謝

アニメ 映画
涙ぐみながらキャストへの感謝の気持ちを語った奥野壮さん(手前)

 特撮ドラマ「仮面ライダージオウ」の劇場版「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(オーヴァー クォーツァー)」(田崎竜太監督)の公開記念舞台あいさつが7月28日、東京都内で行われ、常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)を演じた奥野壮さんが、押田岳さん、大幡しえりさん、渡邊圭祐さんのレギュラーキャストらと登場。テレビシリーズ最終回が近づく中での気持ちを聞かれ、「いやあ……」と感極まった奥野さんは、「この4人だからこそ、つらい、苦しいことも一緒に乗り越えてきた。毎日の撮影が楽しかったのはメインキャストのおかげだと思っている。ここまで一緒に来られて良かった」と感慨深げに語った。

 奥野さんの発言を聞いていた明光院ゲイツ(仮面ライダーゲイツ)役の押田さんは「多分僕の人生の中で一番濃く関わった3人。タイムジャッカー(役の)3人含め大事な存在になってくれた。大事にしたい」、ツクヨミ役の大幡さんは「初めの方は女性が私だけで仲良くなれるかなと思って撮影に臨みましたが、3人ともすごく優しくて毎日会うのが楽しみに。この3人で1年間一緒にできて良かった」、ウォズ(仮面ライダーウォズ)役の渡邉さんは「いい関係を築きながら1年間走ってくることができたのでは。こんなに(作品が)愛されたのは、この3人とやってきたからかなと思います」とそれぞれ1年間を振り返っての思いを語っていた。

 舞台あいさつには、仮面ライダーバールクスを演じたISSAさんを始めとしたダンス・ボーカルグループ「DA PUMP」のメンバー、田崎監督も出席。仮面ライダーバールクスへの変身ポーズを生披露したISSAさんは「合間にずっとこの(変身ポーズの)練習をしていました。ライドウォッチの使い方とか、みんなは1年かけてやっているのに、僕は1日ですから大変でした。全然(ベルトが)回らないし」と撮影を振り返ると、奥野さんは、「現場での練習を、カッコ良すぎて『初めてですよね?』っていう感じで見ていました」と笑顔で話していた。

 「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」は、平成仮面ライダー“最後の劇場版”。常磐ソウゴの前に歴史の管理者、クォーツァーが現れる。王誕生に隠された大いなる陰謀が明らかになり、ソウゴ、ゲイツ、ツクヨミ、ウォズ、すれ違うそれぞれの思惑が、一つの未来を決定する。そして、ついに「仮面ライダージオウ」最大の謎が明かされる……という内容。「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」(上堀内佳寿也監督)と同時上映。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る