MANTANWEB(まんたんウェブ)

コミケ96:令和初のコミケ、あす開幕 入場有料化に初の2地区開催 変更点は?

アニメ
2018年12月に開催された「コミックマーケット95」

 日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)96」が8月9日、東京ビッグサイト(東京都江東区)ほかで開幕する。令和初となるコミケは、12日までで、従来より1日多い4日間にわたって開催。会場として、これまでの有明地区だけでなく、青海地区も加わり、一般参加者の入場には有料のリストバンドが必要になるなど変更点も多い。毎回、50万人以上が来場する大型イベントということもあり、戸惑う人もいるかもしれない。変更点をまとめた。

 コミケは、1975年に始まったマンガや小説、ゲーム、音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。今回のコミケ96、12月28~31日のコミケ97、2020年5月2~5日のコミケ98は、4日間にわたって東京ビッグサイトと青海展示棟で開催される。青海展示棟は東京ビッグサイトから約1.5キロ離れている。同じ敷地内ではない二つの離れた地区でコミケが開催されるのは、今回のコミケ96が初めてとなる。

 2020年夏の東京五輪に向けた工事のため、東京ビッグサイトの東展示棟が使えず、南展示棟が新設されたものの、一日ごとに配置できるサークルスペースが従来の約75%になる。これまで3日間で約3万6000サークルが参加してきたが、3日間の開催ではこれまでの数のサークルを受け入れることができない。そこで4日間の開催によって、約3万2400サークルを受け入れられる体制にした。東京ビッグサイトの西展示棟、南展示棟に個人が同人誌を販売する一般ブース、青海展示棟にアニメなどの関連企業が出展する企業ブースが配置される。

 これまでのコミケでは、一般参加者は無料で入場できたが、コミケ96では有料のリストバンドが必要となる。会場が二カ所になり、会期も1日増えたことで、会場費、警備費などの費用が大幅に増えたこともあり、有料化したという。リストバンドは、冊子版カタログ(書店販売価格2500円、当日販売価格2000円)に4日分が付属する。また、アニメイト、コミックとらのあな、メロンブックスなどでも一日分540円で販売されている。当日も500円で販売されるが、混雑が予想されるため、コミックマーケット準備会は事前の購入を呼びかけている。

 入場待機列、ホール内混雑の状況によっては、入場規制を解除し、リストバンドがなくても入場できるようになる可能性もあるが、混雑が解消されない場合は、閉会時間まで規制状態のままになることもありえるという。

 2019年冬のコミケ97は12月28~31日、コミケ98はゴールデンウイークの2020年5月2~5日と、いずれも4日間にわたって開催されることが発表されている。そして、2020年冬のコミケ99からは、東京ビッグサイトの東展示棟が再び使えるようになる予定で、2021年夏には記念すべきコミケ100を迎えることになる。初めてづくしとなる令和初のコミケ。これまでにない転換期を迎え、新たな形への模索が始まった。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る