MANTANWEB(まんたんウェブ)

三吉彩花:監督からのサプライズの手紙に涙 「私が主演で大丈夫なんだろうかと…」

映画
映画「ダンスウィズミー」の初日舞台あいさつに登場した三吉彩花さん

 女優の三吉彩花さんが8月16日、東京都内で行われた主演映画「ダンスウィズミー」(矢口史靖監督)の初日舞台あいさつに登場した。矢口監督から三吉さんへサプライズの手紙が読まれ、「僕の目に狂いはなかった。よく頑張りました。矢口組に参加してくれて本当にありがとう」と感謝の思いが伝えられると、三吉さんは不安だった撮影中の胸中を明かしつつ涙を見せた。

 オーディションでは手応えがなかったという三吉さんは「受かって頑張ります、といろいろなところでお話しさせていただいたんですけど、いろいろなプロデューサーの方々に入っていただいていまして、(監督以外の)他の方々はたぶん不安だったという話を、撮影中に聞いたんですね。そこで一回、自信をなくしまして」と涙ながらに吐露。続けて「(そのとき)撮り終わっているシーンが結構あって、『日本のミュージカルとして発信していくのが、私が主演で大丈夫なんだろうか』って、そこでもう一回自信をなくしたんですけど、こういうお言葉をいただけて……」と感動した様子で語った。

 舞台あいさつにはやしろ優さん、chayさん、三浦貴大さん、ムロツヨシさん、宝田明さんも出席。ムロさんは「実はまだ本編見てないんですよ」と明かして一同を驚かせ、「マスコミ試写とかあったけどそれを避けて、一般のお客さんと見て、自分のところでちゃんと笑い声がきているかどうか、明日すごく確認しながら見ると思います。明日チケットもう予約しましたんで」と語り、会場を沸かせていた。

 「ダンスウィズミー」は、矢口監督初挑戦となるミュージカル映画。一流商社で働く静香(三吉さん)はある日、催眠術師に「曲が流れると、歌わずに、踊らずにいられない」という“ミュージカルスターの催眠術”をかけられる。その翌日から静香は、携帯の着信音、電車のホーム音、テレビから流れてくる音、街中で流れるどんな音楽でも歌って踊ってしまうという体になってしまう。術を解いてもらうために催眠術師のもとへ向かうが、そこはもぬけの殻で……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る