生田家の朝:10月から「ZIP!」で再び放送 福山雅治プロデュース、バカリズム脚本の日テレ“朝ドラ”

テレビ
10月1日から「ZIP!」内で放送される「生田家の朝」のビジュアル=日本テレビ提供

 歌手で俳優の福山雅治さんが企画・プロデュース、お笑いタレントのバカリズムさんが脚本を担当する日本テレビのドラマ「生田家の朝」が、10月1日から同局の朝の情報番組「ZIP!」内で放送されることが、分かった。ドラマは、2018年12月に「ZIP!」で放送され、話題になった。

 「生田家の朝」は、“どこにでもいるフツーの家族”の朝の話というテーマで、日常に起こる小さな事件や小さな幸せを描いたドラマ。今回描かれるのは、2018年12月に放送されたドラマの続編で、前作に続き、ユースケ・サンタマリアさんがごく普通のサラリーマン・生田浩介、尾野真千子さんがサバサバした妻・早苗を演じるほか、中2の娘・美菜役と小2の息子・悟役で、関谷瑠紀さんと鳥越壮真君が出演する。

 ユースケさんは「第2弾が決まったことで、『あ、前回は評判よかったんだ』と知りました(笑い)。前回もなかなか楽しい生田家でしたけど、今回はさらにパワーアップして、もっともっと楽しい生田家になります。ぜひともご覧ください」とコメント。尾野さんは「毎朝、視聴者の皆さんが朝一番に楽しい気持ちになってくださるように、現場も楽しんで撮影ができたらいいなと思っています!」と語っている。

 「生田家の朝」は、10月1日から「ZIP!」内で月~金曜午前7時50分頃に放送。全20話予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る