MANTANWEB(まんたんウェブ)

小栗旬:ラブシーンで沢尻エリカの胸を触れず 「役者失格」と反省

映画
映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の公開記念舞台あいさつに登壇した小栗旬さん(左)と沢尻エリカさん

 俳優の小栗旬さんが9月14日、東京都内で開催された主演映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(蜷川実花監督)の公開記念舞台あいさつに登壇。今作では、小栗さん扮(ふん)する太宰治と、沢尻エリカさんら太宰を取り囲む女性によるラブシーンが話題となっているが、沢尻さんは「最初からキスシーンで、小栗さんは慣れていらっしゃるのかなと思ったら、全然来なくて……。聞いたら、(ラブシーンを)あまりやったことないようで、『もっと来いよ』と思っていたんです」と笑顔で語った。

 沢尻さんの暴露に、小栗さんは「あの初日は、“役者失格”だなと思っていて……。最初の段取りで、いざ『触りなさい』と言われたら、恥ずかしくて」と照れ笑い。蜷川監督からも「何度も『胸、触りなさい』って言っても、結局触っていないんだよね」と明かされ、小栗さんは「監督から『男の子と女の子ならこうなるでしょ?』って言われ、それを僕は……。あの晩、とてつもなく反省しました。覚悟を決めて入ったんですけど、いざ会ったら、沢尻エリカのムードに飲まれてしまいました」と笑っていた。舞台あいさつには二階堂ふみさん、千葉雄大さんも登壇した。

 「人間失格 太宰治と3人の女たち」は、文豪・太宰治の遺作「人間失格」の実写化ではなく、「人間失格」の誕生秘話を太宰自身と彼を愛した3人の女性の目線から、実話を基にしたフィクションとして映画化。ベストセラー作品を連発しつつも、正妻と2人の愛人という3人の女性と関係を持ち、愛人と川に身を投げた太宰の恋と生涯を、蜷川監督ならではの新解釈とビジュアルで描く。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る