MANTANWEB(まんたんウェブ)

宮本から君へ:池松壮亮が宙づりに… 緊迫の決闘シーン収録 映画版90秒予告が公開

映画
映画「宮本から君へ」のポスタービジュアル(C)2019「宮本から君へ」製作委員会

 俳優の池松壮亮さんの主演映画「宮本から君へ」(真利子哲也監督、9月27日公開)の90秒予告映像が9月21日、公開された。宮本浩(池松さん)と中野靖子(蒼井優さん)の幸せそうな姿のほか、宮本と拓馬(一ノ瀬ワタルさん)の非常階段の決闘シーンが収められており、宮本が非常階段で宙づりになる姿や、血だらけの前歯がない状態で「俺の人生、バラ色だからよ!」と叫ぶ姿などが収録されている。

 決闘シーンの撮影は、池松さんと一ノ瀬さんが実在する高層マンションの非常階段でスタントなしで挑んだといい、緊迫感あふれるシーンに仕上がっている。また、90秒予告ではロックバンド「Hi-STANDARD」の横山健さんがギターを担当し、ロックバンド「エレファントカシマシ」の宮本浩次さんが歌う主題歌「Do you remember?」が流れる。

 「宮本から君へ」は、1990年代前半に多くの若者を魅了した新井英樹さんの人気マンガが原作。文具メーカー「マルキタ」の新人社員で、恋と仕事に不器用な宮本浩が、営業マンとして、人間として成長していく青春ストーリー。2018年4月期にテレビ東京で放送されたドラマ版では、宮本が営業マンとして奮闘する姿に焦点を置いたサラリーマン編が描かれた。映画は、宮本とヒロインの靖子を中心としたストーリーで、2人が“究極の愛の試練”を克服していく姿が描かれる。

 併せて、同作を鑑賞した実業家の堀江貴文さん、「ZAZEN BOYS」の向井秀徳さんから寄せられたコメントも公開された。

 ◇堀江貴文さんのコメント

 新井英樹が描くのは本当の人間の表も裏も泥臭い部分も感情もすべて乗っけた話だ。

 ヒロインを蒼井優にしたのも宮本を池松壮亮が演じるのも見事としか言いようがない。

 宮本と中野靖子のラブシーンをあれだけ演じられるのはすごすぎる。
 
 原作を知っているのに涙があふれてくる。

 ◇向井秀徳さんのコメント

 歯止めが効かないのよ、決着はつかないのよ、純情は。

 分かっちゃいるけど止められねえ。

 「もういいよ、宮本」オレは言う。

 「うーるーせ~!!」

 だったら一言だけ言わせてくれ、あんまり人に言ったことないけどな。

 「がんばれ! 宮本!」

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る