MANTANWEB(まんたんウェブ)

なつぞら:劇中アニメを振り返り! 「百獣の王子サム」原画は東映動画出身のベテラン濱洲英喜さん

アニメ テレビ
「なつぞら」の劇中アニメ「百獣の王子サム」=NHK提供

 女優の広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」は9月28日に最終回を迎える。ヒロイン・なつ(広瀬さん)の物語も残りわずかとなったが、ここでは劇中で生まれた数々のアニメーション作品を紹介する。今回は東洋動画初のテレビ漫画作品「百獣の王子サム」。ジャングルで育った少年サムの成長物語だ。

 「百獣の王子サム」は、テレビ班に移ったなつ(広瀬さん)と茜(渡辺麻友さん)が制作に携わったモノクロのテレビ漫画で、1963年に放送されたという設定。ポスターに記載されたキャッチコピーは「ゆくんだサム! キバはなくても、勇気があるぜ!」。画面の中では少年サムがジャングルの仲間たちを守るため大暴れし、人気作品となる。

 演出はなつと共にテレビ班への移動を命じられた坂場(中川大志さん)。また現場でなつらは、それまでの長編漫画映画とは異なり、簡略化した作画表現を求められた。

 実際のアニメのキャラクターデザインは刈谷仁美さんと伊奈透光さん。原画は、東映動画(現・東映アニメーション)出身で、故・今敏監督の作品で主要作画スタッフを務め、細田守監督作品や宮崎駿監督作品にも参加するベテランアニメーターの濱洲英喜さんが担当した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る