羽多野渉:「FAIRY TAIL」は「声優人生にとっても“大きな出会い”」 最終回アフレコは同窓会のように

アニメ
アニメ「FAIRY TAIL」で羽多野渉さんが声優を務めるガジル(C)真島ヒロ・講談社/フェアリーテイル製作委員会・テレビ東京

 真島ヒロさんの人気マンガが原作のテレビアニメ「FAIRY TAIL(フェアリーテイル)」(テレビ東京系)が、9月29日放送の第328話で最終回を迎えることを受けて、ガジル役の羽多野渉さん、パンサーリリー役の東地宏樹さん、レビィ役の伊瀬茉莉也さんがコメントを寄せた。

 羽多野さんは「まるで同窓会のようなにぎやかな最終回アフレコでした! これまで応援いただいたすべての方に感謝です! ガジルというキャラクターに出会えたことは、自分の声優人生にとっても“大きな出会い”でした。不器用で乱暴で心に孤独を持つ彼が、妖精の尻尾(フェアリーテイル)に入ってから人間として成長していく姿に、たくさん勇気をもらいました! 彼らの物語はこれで終わるわけではありません。未来に向かっていく彼らを想像しながら、お祭り騒ぎな最終回をどうぞお楽しみください!!」と話している。

 東地さんは「いやあ、本当に終わりなのだろうか、と思ってしまうほど長きにわたりお世話になりました。渋いタイガーリリーから可愛いタイガーリリーへと。最終シーズンのタイガーリリーがまた可愛いですなあ。そして最終話登場人物がたーくさん!(笑い) ラストは自分も感動してしまいました。お楽しみに! そして、心からありがとうございました」とコメント。

 伊瀬さんは「レビィとして『FAIRY TAIL』の作品作りに参加できてとてもうれしかったです。最終回とはいえFTの現場がしんみりするはずもなく(笑い)、いつも以上に活気あふれ、元気に収録を終えました。また会える気がしてならないです。長いシリーズをずっと応援してくださった視聴者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。最後までお楽しみください!」と語っている。

 「FAIRY TAIL」は、マンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)で2006~17年に連載。滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)で火を操る主人公のナツ・ドラグニルやヒロインのルーシィ・ハートフィリアら魔導士ギルドのフェアリーテイルのメンバーが、さまざまな依頼を解決しながら成長する姿が描かれた。

 テレビアニメ第1シリーズが2009~13年、第2シリーズが2014~16年に放送された。ファイナルシーズンはテレビ東京系で毎週日曜午前7時に放送。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る