注目アニメ紹介:「BEASTARS」 マンガ大賞受賞作がテレビアニメ化 オレンジ制作 動物たちの群像劇

アニメ マンガ
アニメ「BEASTARS」のビジュアル (C)板垣巴留(秋田書店)/BEASTARS製作委員会

 「マンガ大賞2018」に選ばれた板垣巴留さんのマンガが原作のテレビアニメ「BEASTARS(ビースターズ)」が、10月9日からフジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」で放送される。原作はマンガ誌「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中で、肉食獣と草食獣が共存する世界を舞台に動物たちの群像劇が描かれる。「宝石の国」などのオレンジが制作する。Netflixで10月8日から配信。

 全寮制の名門校・チェリートン学園で演劇部の生徒が食い殺される“食殺”事件が起きる。生徒たちが不安を抱くなか、演劇部では死んだ生徒の代役を巡るいさかいが起き、カリスマ的存在であるアカシカのルイを肉食獣の部員が襲う。それをかばったのが、照明係の2年生で、外見とは裏腹に心優しく無口で不器用なオスのハイイロオオカミ・レゴシだった。しかし、ルイはレゴシを偽善的で気にくわないといい、強引に夜間練習の見張りに任命する。

 そんななか、誰もいない講堂裏の裏庭で見張りをしていたレゴシの前には、小さなドワーフウサギの女子生徒ハルが現れる。レゴシは、我を忘れて襲いかかり、気付いたときには彼女を両腕に抱きすくめていた。ハルへのこの感情は、恋なのか、それとも食欲なのか……。悩めるレゴシの青春が描かれる。

 「ゴールデンカムイ」などの小林親弘さんがレゴシ、「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」などの千本木彩花さんがハルを演じ、小野友樹さん、種崎敦美さん、内田雄馬さんらが声優として出演する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る