シャーロック:第2話 ディーン・フジオカ×岩田剛典“最強バディー”始動! 菅野美穂がゲスト出演

テレビ
連続ドラマ「シャーロック」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優のディーン・フジオカさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「シャーロック」(月曜午後9時)の第2話が10月14日、15分拡大版で放送される。同話の副題は「探偵×医師最強バディ始動! 天才VS聖女の謎解き心理戦」で、女優の菅野美穂さん、岸井ゆきのさん、三浦透子さんらがゲスト出演する。

 事務所兼住居が、上の階からの水漏れにより退去することになった犯罪捜査専門のコンサルタントの誉獅子雄(ディーン・フジオカさん)は、事件で知り合った無職の若宮潤一(岩田剛典さん)が暮らすマンションに移り住んだ。

 そんな中、獅子雄に警視庁捜査1課の江藤礼二(佐々木蔵之介さん)から、「魅力的なホトケ」が出たと、新宿駅で電車にひかれて亡くなった女性の話を聞かされる。女性の遺体がある遺体安置室に向かった獅子雄と若宮は、遺体を調べ始める。遺体の手首には「0314」という番号札が付けられ、所持品から高橋博美という女性ではないかと考えられた。獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づく。高橋博美として死んだ女性は、全くの別人だという。

 獅子雄は、若宮を助手として扱いながら“成り代わり遺体”の謎を追うことになり、博美の婚約者の佐々木守(内村遥さん)や、過去にある件で博美の弁護を担当した弁護士・青木藍子(菅野さん)らに話を聞きに行く。藍子の事務所でアルバイトの河本美沙(岸井さん)の様子を見た獅子雄は、若宮を使って“ある計画”を始動させる……というストーリー。

 ドラマは、アーサー・コナン・ドイルの生んだ世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズが原作。獅子雄と若宮とのバディーが難事件解決に挑む姿を描いている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る