綾野剛:まるでカズレーザー? 金髪&赤スーツのド派手な姿で主演映画「楽園」イベントに

ブック 映画
映画「楽園」の初日舞台あいさつに登場した綾野剛さん

 俳優の綾野剛さんが10月18日、東京都内で行われた主演映画「楽園」(瀬々敬久監督)の初日舞台あいさつに、共演の村上虹郎さんらと登場。金髪ヘアに真っ赤なスーツという装いで出席した綾野さんは、村上さんから「(お笑いの)ライブですか?」と突っ込まれると、「虹郎! 俺も分かっているよ。記事になりそうだから(カズレーザーさんとは)言わないけど。金髪に赤いスーツと言ったら……」と話し、苦笑いを見せた。

 映画は、「悪人」「怒り」などで知られる吉田修一さんの小説「犯罪小説集」(KADOKAWA)が原作。ある地方都市のY字路で、幼女・愛華の誘拐事件が発生。それをきっかけに、事件直前まで愛華と一緒にいた紡(杉咲花さん)は、孤独な男性・豪士(綾野さん)と出会う。12年後、同じY字路で再び少女が姿を消して、事態は急変。一方、その場所にほど近い集落で暮らす善次郎(佐藤浩市さん)は、ある行き違いから周辺住民の非難を受け、孤立を深めていた。次第に善次郎の正気は失われ、誰も想像がつかなかった事件に発展する……という展開だ。

 舞台あいさつは上映後に行われた。綾野さんは、赤いスーツを着たことについて「映画を見てくださった方が、(映画のキャラクターを演じた)僕たちのことを心配すると思った。(キャラクターとは)全く別人だなと思ってもらえるように(着てきた)」と説明していた。綾野さん、村上さんのほか、杉咲さん、佐藤さん、劇中曲「愛華」を作曲したピアニストのユップ・ベヴィンさん、瀬々監督も出席した。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る