知念里奈:母として感じる「プリキュア」の魅力 正義、勇気、絆、友情、多様性…

アニメ 芸能
劇場版アニメ「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」に声優として出演する知念里奈さん

 人気アニメ「プリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系)シリーズの第16弾「スター☆トゥインクルプリキュア」の劇場版アニメ「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想(おも)いをこめて」(田中裕太監督)に声優として出演する知念里奈さん。2児の母でもある知念さんはこれまで、子供と一緒に「プリキュア」シリーズを見ていたといい、出演が決まり「まさか!」と驚いたという。知念さんに母として感じる「プリキュア」の魅力、劇場版の見どころなどを聞いた。

 ◇アフレコで苦労も 気絶寸前!?

 「スター☆トゥインクルプリキュア」は「宇宙(そら)に描こう! ワタシだけのイマジネーション!」がテーマ。星座をモチーフに無限に広がるキラキラな世界でプリキュアが活躍する姿を描いている。劇場版は、プリキュアのもとに、言葉は通じないが、“うた”で気持ちが通じ合える不思議な生き物ユーマがやって来るが、ユーマを狙う謎の宇宙ハンターが現れる。知念さんは、宇宙怪盗ブルーキャットを追いかける星空刑事のメリー・アンを演じた。

 知念さんはこれまで、子供と一緒に「プリキュア」シリーズを見ていた中で、母として感じることがあった。

 「エンディングでCGのキャラクターが歌って踊るのが印象的です。とにかく可愛いですよね。母の目線で見ると、正義、勇気、絆、友情などが描かれていて、楽しい作品ですが、大事なことを伝えているのがすごい!と感じていました。他者を受け入れること、考えや意見が違う人を受け入れることなど多様性も描かれています。子供と話していて、多様性が話題になることもあります。大事なことがたくさん描かれているんですよね」

 好きだった作品に出演するということもあって「うれしかったです。周囲もみんな、喜んでいます。子供にも自慢できます!」と喜ぶ。一方、アフレコでは苦労も多かった。

 「犬だとは思っていなかったので驚きました。鳥は演じたことはあったんですけどね……。学ぶことばかりで挑戦でした。難しかったですね。とにかくテンションを高くしないといけない。おっちょこちょいなキャラクターですし、おちゃめな要素もあって、必死で演じました。普段、舞台に出演する時とは発声も違います。感情的になるシーンで、気絶寸前になったり(笑い)」

 ◇真っすぐな気持ちで歌った主題歌

 メリー・アンは10月12日に放送されたテレビアニメ第36話「ブルーキャット再び!虹色のココロ☆」にも登場。収録はブルーキャット役の上坂すみれさんと一緒だった。

 「上坂さんは、すごくすてきでした。息遣いなどがすごいんですよね。普段、アニメを見ていると、あまりにも息遣いが自然なので、意識していませんでした。目の前で演じているのを見ると、すごい!と驚きました」

 知念さんは劇場版の主題歌「Twinkle Stars」も歌った。劇場版のテーマの一つである「絆」をキーワードとした楽曲で、「歌詞にテーマが詰まったすてきな曲です。子供たちも聴くので、言葉を大事に真っすぐな気持ちで歌いました。子供たちにも歌ってもらえるとうれしいですね」と話す。

 劇場版について「すごくすてきな作品になっています。スタッフの皆さんも愛情を込めていて、愛がいっぱいなところが子供にも大人にも伝わると思います」と話す知念さん。知念さんの“愛”も劇場版アニメの見どころになりそうだ。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る