Sexy Zone佐藤勝利:ケンティーも言葉にならない? 「すごく響いてくれたようでうれしい」

映画
映画「ブラック校則」の完成披露舞台あいさつに登場した「Sexy Zone」の佐藤勝利さん

 人気グループ「Sexy Zone」(セクゾ)の佐藤勝利さんが10月22日、東京都内で行われた主演映画「ブラック校則」(菅原伸太郎監督、11月1日公開)の完成披露舞台あいさつに登場。映画に先駆け連続ドラマが10月14日から日本テレビで放送中だが、「ドラマの初回の反響もよくて。(セクゾの)メンバーもみんな見てくれている」と佐藤さんは話し、「ケンティー(中島健人さん)がエンドロールの写真を送ってきたので『どうだった?』と聞いたら、グーサインの絵文字だけが帰ってきた。いつも言葉巧みなケンティーでも言葉にならない。でも、すごく響いてくれたんだと思うので、うれしい」と喜んでいた。

 劇場版で初単独主演を務める佐藤さんは、「初めての主演作品が『ブラック校則』で良かった。この作品は学校のことはもちろん、社会の理不尽なことなど社会的なメッセージも描かれているので大人も楽しめる映画」と紹介し、「映画の見どころを聞かれても難しくて。感じたまま受け取ってもらえたらそれでいいというか……。すごく余白のある映画なので、いろんな想像をして受け取ってほしい」と呼びかけた。

 舞台あいさつには、共演の人気グループ「King & Prince」(キンプリ)の高橋海人さん、「SixTONES(ストーンズ)」の田中樹さん、モトーラ世理奈さん、箭内夢菜さん、堀田真由さん、菅原監督も出席した。

 映画は「男女は1メートル以上離れる」「下着は白のみ着用可」といったブラック校則に青春をゆがめられた女子高生を救うために2人の男子高生が立ち上がる青春ストーリー。佐藤さんが、ブラック校則に縛られた学校生活の中、クラスの最底辺で最低の青春を生きる高校2年の小野田創楽、高橋さんが、創楽のクラスメートで親友の月岡中弥を演じる。2005年放送の連続ドラマ「野ブタ。をプロデュース」などの河野英裕さんがプロデューサーを務め、マンガ「セトウツミ」の作者、此元和津也さんが脚本を手がける。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る