浜辺美波:映画で雲竜型の土俵入り 監督の要求に「必殺技かと…」

映画 芸能
映画「屍人荘の殺人」のハロウィーンイベントに魔女の仮装で登場した浜辺美波さん

 女優の浜辺美波さんが10月30日、東京都内で行われた映画「屍人荘(しじんそう)の殺人」(木村ひさし監督、12月13日公開)のハロウィーンイベントに、魔女のコスプレ姿で登場。主演の神木隆之介さんはシャーロック・ホームズ風、中村倫也さんもワトソン風と、キャストらが思い思いの仮装姿でランウエーショーを行った。

 イベントでは、現場で木村監督が数多くの演出を足すという話題に中村さんが「一番数が多かったのは浜辺さん」と話すと、浜辺さんは「一番驚いたのは雲竜型っていう土俵入りの型があって。それをやってくださいと動画を見せられた」と明かし、「(雲竜型を)知らなかったので必殺技かなと思った(笑い)。びっくりしましたし、初号で見て本当に使うんだって」と目を丸くしながら話していた。

 映画は、2018年の「このミステリーがすごい!」(このミス)で1位に選ばれた今村昌弘さんの同名デビュー小説が原作。神紅大学のミステリー愛好会に所属する葉村譲と明智恭介の前に、ある日、2人の前に謎の美人女子大生探偵・剣崎比留子(浜辺さん)が現れ、ロックフェス研究会の合宿への参加を持ちかける。3人は山奥にたたずむペンションへと向かい、そこで葉村らは想像を絶する異常事態に巻き込まれ……というストーリー。

 この日のイベントには、葉山奨之さん、山田杏奈さん、大関れいかさん、福本莉子さん、塚地武雅さん、ふせえりさん、木村監督も仮装姿で登場した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る