佐藤健:鈴木亮平、松岡茉優と映画「ひとよ」で兄妹役 3人にとって“家族”とは“親”とは…

映画 芸能
映画「ひとよ」で3兄妹を演じた(左から)松岡茉優さん、佐藤健さん、鈴木亮平さん

 俳優の佐藤健さん主演の映画「ひとよ」(白石和彌監督、11月8日公開)は、15年前のある出来事をきっかけに、壊れてしまった一家の、その後を描いたヒューマン作だ。佐藤さんが一家の次男・稲村雄二を、鈴木亮平さんが長男・大樹を、松岡茉優さんが長女・園子を演じる。映画公開を前に3人が演じた役への思いや、自身の「家族観」について語った。

 ◇雄二は「なんだかんだいって頼りになる」(佐藤)

 佐藤さんが演じる雄二は、15年前の出来事以来、家族と距離を置き、東京でフリーライターとして働いている。そんな雄二を「結構、共感しながら演じていました」と話す佐藤さんだが、当初、「雄二の気持ちが分からなかった」と打ち明ける。そのため役作りは、「白石監督に委ねる」つもりで撮影に臨んだ。すると、「意外としっくりきて、家族が生まれた」という。なんでも、共演者の顔を見ていると、「気持ちのいいところ」があったといい、その感覚を大事に演じていくことで、今回の雄二が生まれたことを明かした。

 そんな雄二に対して佐藤さんは、「嫌いなところは特にない」と言い、好きなところは、「なんだかんだいって頼りになるところかな。動きたいけど動くのが正解なのか分からなくて(兄妹の)みんなが固まっちゃうときに率先して動けるところ」を挙げる。

 ◇大樹の「全部が嫌いだった」(鈴木)

 「全部が嫌いでした」と言い切ったのは、3兄妹で唯一、妻子を持つ、大樹役の鈴木さんだ。鈴木さんは「自分の役だからなかなか客観的に見られない」とした上で、「演じていても、こんな自分はすごく嫌いだと思うことが多かったですし、大樹の場合、特に自分は親父のようになりたくないと、子供がいるからこそ意識している。でも、(その父親と)似たようなものを感じている自分もいたりして、嫌いでしたね」と説明する。

 その一方で、「(大樹の)母親への愛情は、子供のころ、お母さんみたいな人と結婚したいと思っていたほど、ものすごくある。だからこそ、それが15年間与えられなかったことで憎んでいる。ドアをあそこでバンと閉めちゃうのは、愛情の裏返しなんでしょうね」と、田中裕子さん演じる母こはるが、15年ぶりに家に帰って来る場面を思い返しながら、大樹の複雑な心境を分析した。

 ◇園子の「愛情の深さはすごく好きです」(松岡)

 末っ子の園子を演じた松岡さんは、園子の「他人に対してあきらめないところ」が「とても好きです」と語る。「私だったら、雄二にすごく腹が立つし、早々に兄妹の縁を切ると思います。でも園子はあきらめていない。最後まで絆を大切に思っている。お母さんに対しても。だから、人に対する愛情の深さはすごく好きです」と説明。半面、嫌いなところとして挙げたのは、「自分のことを決定する能力がない」ところ。その部分は、「自分と似ているので嫌ですね」と明かした。

 ちなみに、松岡さんは、「それぞれへの言えない気持ちや、もやっとしたものをちょんちょんとつまんで表現する感じ」は、松岡さんが出演した「万引き家族」(2018年)での、安藤サクラさんの演技を参考にさせてもらったそうだ。

 ◇「家族」に対する思い

 映画は、家族について、母について、兄弟について考えさせられる作品だ。自身、今回の役を通して、それらに対する“新しい気づき”はあっただろうか。

 「変わったということはないかな」と答えたのは佐藤さん。むしろ、「家族ってこういうものだよなと、もともとあった自分のイメージを確認できた」という。その上で、「この映画によって、自分の家族のことを改めて考えて、連絡をとっていなかったとしたら、ちょっと連絡してみようかなとか、あんまり話せていなかったのなら、ちょっと話してみようかなと考えるきっかけになってくれたらうれしいです」と映画をアピールする。

 鈴木さんも、佐藤さん同様、家族に対する印象はさほど変わらず、むしろ、「家族ってこうだよなと再認識した」と指摘。その上で、「親の愛情って、たぶん、子供が思う何倍もありますし、もしかしたら、自分に子供ができたことで、かなり分かったつもりになれても、結局、自分がどれだけ愛されているかを実感できないぐらい親は、特に母親は、自分を愛してくれているのだと思いました」と自身も子供を持つ鈴木さんらしいコメント。

 「家族という言葉を聞いたときに、とても爽やかに、軽やかにとらえる人のほうが少ないのだろうなと、映画を見ていて思いました」と、感想とともに答えたのは松岡さん。松岡さんは「そういう、家族や母親に対して、何かゴロゴロとしたものを抱えて生きている方に、この映画を見て許されてほしい」と思いながら演じていたという。そして、「この映画を見た方に、泣いてほしいとか、明るくなってほしいとかではなく、許されてほしいと私は思っています」とメッセージを送った。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る