スター☆トゥインクルプリキュア:ユーマの声は作曲家・高木洋だった! 劇場版スタッフが裏話

アニメ
「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」のトークイベントの様子

 人気アニメ「プリキュア」(ABCテレビ・テレビ朝日系)シリーズの第16弾「スター☆トゥインクルプリキュア(スタプリ)」の劇場版アニメ「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想(おも)いをこめて」(田中裕太監督)のスタッフによるトークイベントが11月6日、渋谷TOEI(東京都渋谷区)で開催された。スタッフが裏話を語る中で、主題歌「Twinkle Stars」を作曲した高木洋さんが、劇場版に登場する不思議な生き物ユーマの声を担当していたことが明かされた。

 高木さんは「ユーマの声をやらせていただきました。監督からテルミン(電子楽器)みたいな音でやりたいうという話があり、アドバイスするのかな?と軽く考えていたのですが……。最初はシンセの音だけで声を作っていたのですが、喜怒哀楽を表現するのが難しかった。僕の声をボコーダー(音を合成する電子楽器の一種)で加工して混ぜたんです」と明かした。

 また、東映アニメーションの村瀬亜季プロデューサーは「隠れユーマがいます。探してみてください!」と観客に呼びかけた。イベントには、田中監督、脚本の田中仁さん、「Twinkle Stars」の作詞を担当した大森祥子さん、ABCアニメーションの田中昴プロデューサーも登壇した。

 「スター☆トゥインクルプリキュア」は、宇宙と星座が大好きな星奈ひかるが、プリキュアに変身して、宇宙の支配をもくろむノットレイダーと戦う姿を描いている。劇場版は、プリキュアのもとに、言葉は通じないが、“うた”で気持ちが通じ合える不思議な生き物ユーマがやって来るが、ユーマを狙う謎の宇宙ハンターが現れる……と展開する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る