4分間のマリーゴールド:第5話 義兄・桐谷健太、妹・菜々緒の運命に号泣! 助ける方法は…

テレビ
連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」第5話の場面写真=TBS提供

 俳優の福士蒼汰さん主演の連続ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、金曜午後10時)の第5話が11月8日に放送される。義姉の沙羅(菜々緒さん)との秘密の恋が、義兄の廉(桐谷健太さん)に気付かれてしまったみこと(福士さん)。廉に沙羅が28歳の誕生日に死ぬ運命にあることを打ち明けるが、廉は全く信じなかった。

 廉の職場の先輩、原田治(橋本じゅんさん)の妻・理沙(七瀬なつみさん)が倒れ、みことたち救急隊が出動、搬送中に彼女と手を合わせたみことは、膵臓(すいぞう)がんで死亡するビジョンを見てしまう。みことは廉にもその事実を話すが、やはり信じてもらえない。

 しかし数日後、理沙は亡くなり、廉はみことの言った通りの光景を目の当たりにし、沙羅の死の運命が本当と悟り、みことの目の前で泣き崩れてしまう。みことは、沙羅の運命を変えるために、これまで一人で抱えていた「死の運命」が見える能力のことや、沙羅の最期の瞬間を、廉と義弟の藍(横浜流星さん)に詳しく話す……。

 予告映像では、みことが沙羅に「この力は沙羅を助けるためにあると思っている」と伝えるシーンや、廉の号泣シーン、みことが沙羅を抱きしめ「絶対に助ける」と誓うシーンが公開されている。

 原作はマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載されたキリエさんの同名マンガ。手を合わせた人の「死の運命」が見えてしまう特殊な能力を持つ救急救命士のみことと、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅との禁断の恋を描く切ないラブストーリー。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る