ゆうたろう:「シャーロック」オシャレな情報屋が話題 可愛いすぎる美少年とのギャップ

テレビ
連続ドラマ「シャーロック」に出演しているゆうたろうさん(右)とディーン・フジオカさん(C)フジテレビ

 俳優のディーン・フジオカさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「シャーロック」(月曜午後9時)に出演するモデルのゆうたろうさん。オシャレな服装にスケートボード(スケボー)がトレードマークの、謎多き情報屋・レオを好演しており、SNSでは「美少年」「可愛さにもんぜつ!」「毎週、服装が楽しみ!」と、話題になっている。透明感のある中性的な顔立ちで“可愛すぎる美少年”モデルともいわれている、ゆうたろうさんとは……。

 ◇可愛すぎる姿は「イメージ通りでない」

 ゆうたろうさんは、1998年6月3日生まれの21歳。広島県出身。身長は166センチ、趣味、特技はカメラ、ファッション。2016年にショップ店員から”可愛すぎる美少年”モデルとして芸能界デビュー。2018年に「3D彼女 リアルガール」で映画初出演。連続ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」(TBS・MBSほか)のほか、今年9月に公開された映画「かぐや様は告らせたい -天才たちの恋愛頭脳戦-」、11月15日公開の「殺さない彼と死なない彼女」などに出演。自身の公式インスタグラムのフォロワー数は21万人を超え、若者を中心に支持を集めている。

 「3D彼女 リアルガール」では、ネコ耳を付けて愛くるしい表情で話す、主人公の親友・伊東悠人役を好演。「殺さない彼と死なない彼女」では、恋ができない八千代を演じている。10月17日に行われた同作の完成披露上映会で、ゆうたろうさんは、芸能界に入る前に撮影した「ピンクの服に丸メガネ。チークとかメークをして、(ヘアスタイルが)ふわふわした」写真について触れながら、「イメージが先走りしている」とコメントし、普段は「声が低いし淡々としゃべる。感情が出ないタイプって言われたりする。イメージ通りでない」とギャップを明かしていた。

 ◇レオは「客観的に見た自分」

 「シャーロック」は、アーサー・コナン・ドイルの生んだ世界一有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズが原作。ゆうたろうさん扮(ふん)するレオは、原作に登場する情報屋のストリートチルドレンがモデルで、犯罪捜査専門のコンサルタントの誉獅子雄(ディーン・フジオカさん)に拾われて以来、獅子雄の指示で犯人とおぼしき人物を尾行し、有益な情報をつかんで報酬をもらっている。

 獅子雄にため口をたたくなど生意気な態度を見せることがあるレオについて、ゆうたろうさんは「自分のペースを絶対に崩さない子で、客観的に見た自分を演じているみたいで、今は楽しみながら撮影しています」とコメントしている。

 月9出演は今作が初めて。ディーン・フジオカさん、若宮潤一役の岩田剛典さん、江藤礼二役の佐々木蔵之介さんらと共演するゆうたろうさんは、「豪華なキャストの皆さんの中でいろいろと学びながら僕らしく最後まで頑張りたいと思います」と意気込んでいた。

 ◇「シャーロック」ではファッションも注目の的に

 現在もショップ店員として働いていることをSNSなどで明かしているゆうたろうさん。「殺さない彼と死なない彼女」の完成披露上映会には私服で参加し、「洋服は可愛いって言ってください! うれしい」とコメントしていた。

 「シャーロック」のレオは情報屋のため、毎回、髪形や服装を変えて劇中に登場。衣装のほかに私服も取り入れて撮影に臨んでいるといい、これまで、ピンクのウイッグや金髪姿、シルバーやオレンジをテーマとしたファッションを披露し、視聴者からは「今週は、金髪にしてる」「今回のファッションのテーマは何だ?」という声が上がるなど、本筋のストーリー以外でも楽しませている。

 難事件や不可解な事件を調査する獅子雄と若宮に真相への“鍵”を渡すレオの活躍、劇中で見せるゆうたろうさんのファッションから、ますます目が離せなくなりそうだ。第6話は11月11日午後9時から放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る