ディーン・フジオカ:北条司総監督からのむちゃぶり告白 「命懸けで走った」

映画
映画「エンジェルサイン」の舞台あいさつに登場したディーン・フジオカさん

 俳優のディーン・フジオカさんが11月16日、東京都内で行われた映画「エンジェルサイン」の舞台あいさつに登場。同作は、人気マンガ「シティーハンター」「キャッツ・アイ」などで知られるマンガ家の北条司さんが実写映画の総監督に初挑戦しており、「監督からのむちゃぶりがあったか?」と質問されたディーン・フジオカさんは「ありました。結構なアクションシーンで自分的には難易度が高かった。命懸けで走りました」と苦笑交じりに振り返った。

 ディーン・フジオカさんは、アクションシーンについて「楽譜を持って走るシーンだったのですが、横断歩道を渡ってそのまま地下鉄の入り口に」と説明し、「階段を急に下りるのは怖い」と振り返っていた。舞台あいさつには共演の松下奈緒さんも出席した。

 映画は、全編を通してせりふを用いず、映像と音楽のみでストーリーが展開していく作品。チェリストのアイカ(松下さん)とピアニストのタカヤ(ディーン・フジオカさんは)は、恋人同士で「いつか2人の音楽で、世界中の人々を感動させたい……」と、夢を追いかけていた。しかし、タカヤは「エンジェルサイン」というチェロとピアノの二重奏曲を作り上げた直後、帰らぬ人となってしまう……という展開で、公開中。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る