島本須美:ナウシカ声優の美声の秘密 シンガー・ソングライターAATAと声、歌を語る

アニメ 芸能
島本須美さん(左)とAATAさん(写真:Maki Amemori、Direction:金延紗衣)

 アニメ「風の谷のナウシカ」「ルパン三世 カリオストロの城」「めぞん一刻」などで知られる声優の島本須美さん。唯一無二の美しい声で、名作を彩ってきたレジェンド声優だ。ディスクユニオン主催の「DIVE INTO MUSIC.オーディション」に合格し、「ネオ・シティポップの新たな歌姫」とも言われるシンガー・ソングライターのAATAさんは、そんな島本さんに子供の頃から憧れてきたという。その二人の対談が実現し、声、歌について語り合った。島本さんは美声の秘密を明かした。

 ◇島本須美の演技はリアルで生っぽく

 ――AATAさんが感じる島本さんの声の魅力は?

 AATAさん 元々、ジブリがすごく好きで、「ナウシカ」を繰り返し見て、子供の頃は姫姉様(ナウシカ)になりたい!と思っていたんです。清楚(せいそ)ではかないけど、強い。「もののけ姫」も大好き。子供の頃は、おトキさんと同じ方が演じていると気付きませんでした。

 ――島本さんはAATAさんの歌声を聞いた印象は?

 島本さん しゃべっている時よりもアンニュイですよね。いいですね。私は歌に自信がなくて、音程やリズムを意識し過ぎてしまうんです。せりふのように歌えばいいのか……。

 AATAさん 私は曲を作る時、言葉とリズム、メロディーが一緒に出てきます。言葉の中にもリズムがあります。曲の中で主人公になり切ったり、曲の中にキャラクターが何人もいたりすることもあります。演技をするという意味では近いものかもしれないですね。

 島本さん 私は演じる際は、メロディーを作ってはいけないと思っています。せりふに聞こえるせりふではなく、アドリブ、生の声のように聞こえてほしいんです。上手なせりふだと思われたくない。リアルで生っぽく聞こえてほしい。キャラクターが本気で言っているように聞こえてほしいんです。

 AATAさん 島本さんが言葉の人だとしたら、私はメロディーの人なのかもしれません。メロディーが出てきて、この時は「あ」の口、この時は「う」の口と母音が決まってきて、歌詞になります。

 島本さん AATAさんは歌う時は仮想のキャラクターを意識するんですか? それとも自分自身?

 AATAさん 100%自分のことは歌わないです。リアルにちょっとお化粧をして、作品にします。100%自分を入れると、独りよがりになると思っています。誰かが聴いてくれていることを前提に作りますね。

 島本さん 今までどんなキャラクターをイメージしたの?

 AATAさん 別れそうな切ない感じが多いですね。好きな人がいて、それが実らないことが分かっている友達以上恋人未満だったり。男の子の場合もあります。私は東京生まれなのですが、自分が上京してみたら……と曲を書いたこともあります。

 ◇ラップをやりたい!?

 AATAさん 声優を目指したきっかけを教えていただけますか?

 島本さん 声優は、女優の仕事の一つだったんです。私がデビューした当時、先輩も俳優出身の方が多かった。(ルパン三世 カリオストロの城の)クラリスも今、思えばへたなのですが、声を作ろうとしていない。それが良かったのかもしれませんね。しばらく、へたなままでした。今、クラリスを演じると、素人っぽさを意識した芝居になってしまうんでしょうね。


 ――島本さんは普段、お話をされている時の声も美しく、クラリスに近い印象があります。

 島本さん 普段もこんな感じですよ。基本的に地声。クラリスは特にそうですね。キャラクターによっては声を作らないといけない時もあります。今まで一番高い声だったのが「ちょびっとづかん」のカクレモモジリです。最近は高音が段々出にくくなっています(笑い)。歌う時は特にそうです。過去には、(めぞん一刻の)音無響子やたくさんのキャラソンを歌いましたが、(小公女セーラの)セーラの時が一番高い声だったんじゃないかなあ。今は男の子のキャラの方が楽かもしれません。

 AATAさん 声を出す前のルーティンはありますか?

 島本さん ずっと腹筋と背筋だけは毎日100回ずつ続けています。収録では、悲しい気持ちの表現から急に楽しいシーンになったり、感情の起伏が激しいので、気持ちの切り替えを考えています。

  AATAさん 100回ですか!? すごい……!

 ――島本さんは少年を演じることもありますが意識することは?

 島本さん 少年っぽく演じるこつは、女の子の場合、せりふの中で段々、音程が上がっていくところを男の子は下げるんです。語尾の余韻で音を上げると女の子になり、男の子は余韻を捨ててしまうこともあります。コツはあるんですが、説明しづらいのでやってみますね(実演と解説をしていただく)。

 AATAさん なるほど! 勉強になります。ラップで生かしたいです。

 島本さん 私もラップをやってみたい! テレビで見て、面白いなって思ったんです。男の子キャラも交ぜたら面白そうですね。アドリブは無理……(笑い)。

 AATAさん 私もフリースタイルに挑戦したい!

 ――最近は声優がラップをするプロジェクトも流行しています。

 島本さん そうなんですね! 私も面白いことはどんどんやってみたいんです。

 ◇

 ――島本さんはデビュー40周年を記念したアルバム「singsジブリ リニューアルピアノバージョン」を発売されました。

 島本さん 2009年発売の「島本須美 sings ジブリ」の歌をそのまま使用して、アレンジを変えています。「風の谷のナウシカ」と「さよならの夏~コクリコ坂から~」を新たに収録しました。ジャケットは宮崎駿さんが私の子供の頃をイメージして描いてくれたイラストです。昔の声は伸びやかに感じますね。

 AATAさん 島本さんは、歌でも声質があまり変わらない印象があります。

 島本さん 歌は難しいですね……。「さよならの夏」は高音で苦労しました。人生最後のアルバムになるかもしれませんし、頑張りました。AATAさんは普段、レコーディングでは何回くらい歌うんですか?

 AATAさん つるっと2、3回録(と)って、細かいところを録り直します。基本的にライブと同じ気持ちで歌いたいんです。

 島本さん いいなあ……。私はどうしてもピッチがずれてしまうことがあります。

 AATA 私はピッチが少しずれていてもいいと思っています。そこが人間らしい。だからこその感情も出せますし。

 島本さん なるほど、勉強になりました。

 ――AATAさんは憧れの島本さんと対談してみていかがでしたか?

 AATAさん もう、なんと言いますか、うれし過ぎて……。声の表現のお話、すごく刺激的でした!

 島本さん 私の印象で曲を作っていただけたらうれしいです。

 AATAさん 頑張ります!

 <プロフィル>

 島本須美さん 高知県出身。桐朋学園芸術短期大学卒業。劇団青年座に入団。その後女優としてさまざまな舞台などに立ちながら、声優としての活動も始める。「風の谷のナウシカ」のナウシカ役、「ルパン三世カリオストロの城」のクラリス役をはじめ、「めぞん一刻」の音無響子役、「小公女セーラ」のセーラ・クルー役など多くのヒロインを演じる。映画の日本語吹き替え版としてテレビ放送版「スターウォーズ」のレイア姫役など。最新出演作品は「天気の子」。

 AATAさん 東京出身のシンガー・ソングライター。フルアルバム「ブルー・モーメント」が12月11日に発売。現代シティポップの雄「流線形」のクニモンド瀧口さんの楽曲提供のほか各方面に注目される豪華な面々で制作されたシティーポップからR&B、ヒップホップまで幅広い要素の詰まった傑作。2020年3月12日にTOKYO FM HALL(東京都千代田区)でライブ「AATA one man live “BLUE MOMENT” @TOKYO FM HALL」を開催する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る