ドラえもん:世界初の公式ショップが12月1日オープン どこでもドア、空気砲を体験できる

アニメ マンガ
ダイバーシティ東京プラザに12月1日にオープンする「ドラえもん未来デパート」

 藤子・F・不二雄さんの「ドラえもん」の初となるオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」が、12月1日に東京・台場のダイバーシティ東京プラザにオープンする。オープンに先駆け、11月29日、内覧会が行われた。

 入り口では、正装をしたドラえもんのオブジェが出迎えてくれる。内部はオリジナルグッズを販売する「ショップゾーン」、ひみつ道具を使ったアミューズメントが楽しめる体験型のアトラクションエリア「ひみつ道具ラボ」、オリジナルグッズを作成できる「カスタマイズゾーン」の三つのエリアに分かれている。

 「ひみつ道具ラボ」では、空気砲やタケコプター、どこでもドア、バイバイバインをテーマにしたアトラクションが楽しめる。どこでもドアのアトラクションは、設置された画面に自分が行きたい場所を告げて、ドアを開けると、その場所の画像が映し出されるなど、ひみつ道具を使ったような気分が味わえる。「カスタマイズゾーン」では、「ドラえもん」のロゴのフォント(ドラ文字)で名前などの文字やキャラクターをグッズに刺しゅうできる。専用のキーリングにキャラクターやドラ文字を刻印することもできる。

 ショップゾーンでは、ドラ文字がデザインされた「ドラえもん ドラ文字マグカップ」(1200円)、貯金箱「ドラえもん 貯金箱 10円貯めよう」(4000円)など未来デパート限定グッズも販売。4000円以上購入すると、オリジナルタオルハンカチが1会計につき1枚プレゼントされる。また、買い物特典としてポストカードが配布される。

 さらに、未来デパート限定のはがきと切手で手紙を送ることができる「ポストオフィス」も設置されている。通常郵便と「みらい郵便」を選ぶことができ、「みらい郵便」では、1年後までの指定の月に手紙を送ることができる。

 店内には、ドラえもんのマンガのコマや、キャラクターがいたるところにデザインされており、作品の世界観を満喫できる空間になっている。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る