宮野真守:「人間合格したい!」 「HUMAN LOST 人間失格」の世界観語る

アニメ 映画
劇場版アニメ「HUMAN LOST 人間失格」の公開初日舞台あいさつに登場した(左から)冲方丁さん、宮野真守さん、木崎文智監督

 太宰治の小説「人間失格」が原案の劇場版アニメ「HUMAN LOST 人間失格」(木崎文智監督)の公開初日舞台あいさつが11月29日、東京都内で行われ、主人公・大庭葉藏の声優を務める宮野真守さんが登場した。同作は、医療革命により死を克服した昭和111年が舞台のSFで、120歳になり“人間を合格する”と、年金1億円が支給される世界が描かれ、宮野さんは「年金1億円欲しい! でも、120歳になって人間合格したら、ということなので……合格したいと思います」と話し、客席から笑いが起こった。

 同作では、環境に配慮しない経済活動と19時間労働政策により、日本がGDP世界一となった世界が描かれる。宮野さんは「一日19時間アフレコは嫌だな」と言いつつも、作品の世界では、国民の健康を管理するシステムにより、事故などで重体になったとしても、即座に健康体に戻すことができるため、「再生力がすごい。そうなったら僕は、やりそうで怖いですよね」と苦笑していた。

 イベントには、木崎監督、ストーリー原案・脚本を手がけた冲方丁(うぶかた・とう)さんも登壇した。

 アニメは、医療革命により死を克服した昭和111年の東京を舞台に、薬物に溺れ怠惰な暮らしを送る大庭葉藏が、暴走集団と行動する謎の男・堀木正雄と共に特権階級の住む環状7号線内(インサイド)への突貫に参加。激しい闘争に巻き込まれ、異形化するヒューマン・ロストした異形体である“ロスト体”に遭遇する……という展開。

 「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズで知られる本広克行さんがスーパーバイザーを務め、時代小説「天地明察」などで知られる作家の冲方さんがストーリー原案、脚本を手がける。宮野さんが主人公・大庭葉藏の声優を務め、花澤香菜さん、福山潤さん、櫻井孝宏さんらも出演。劇場版アニメ「GODZILLA」シリーズなどのポリゴン・ピクチュアズが製作する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る