杉野遥亮:実は“がさつ”と告白 「パンツもはかずに…」 「羊とオオカミの恋と殺人」初日舞台あいさつ

映画 マンガ
映画「羊とオオカミの恋と殺人」の初日舞台あいさつに登場した杉野遥亮さん

 俳優の杉野遥亮さんが11月29日、東京都内で行われた映画「羊とオオカミの恋と殺人」(朝倉加葉子監督)の初日舞台あいさつにダブル主演の福原遥さんらと登場。舞台あいさつでは、映画の「信じられないでしょうが、これはラブコメです。」というキャッチコピーにちなみ、登壇者が意外な素顔を明かす企画も行われ、杉野さんは「こう見えて“がさつ”なんです」と告白。「ずぼらなところが結構あって。お風呂から上がったら、基本パンツもはかずにうろうろするとか、部屋の中でコートをそのへんに置いちゃうとか……」と意外な一面を披露し、福原さんらを驚かせていた。

 福原さんとの共演は今作が2度目という杉野さんは、再びの共演について「2回目なので信頼がすごくあったというか、勝手にさせてもらっていたというか。安心してやっていました」と説明。福原さんも「1回目の共演のときは作品の話はあまりしていなかったんですが、今回は杉野くんと意見を交換しながらお芝居について話せたのがうれしかったです」と喜び、「(杉野さんに)すごい安心感があって。一緒にできてよかったです」と振り返っていた。舞台あいさつには江野沢愛美さん、朝倉監督も出席した。

 映画はマンガアプリ「マンガボックス」で連載された裸村さんのスプラッターラブコメディーマンガ「穴殺人」が原作。ニートで自殺志願者の青年・黒須越郎と、越郎の隣人で殺人鬼の美少女・宮市莉央の関係性を描く。杉野さんと福原さんのダブル主演で、杉野さんは映画初主演となる。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る